2017年3月28日 (火)

わがオーディオ道楽の終着点で事件、タンノイランカスターユニット入れ替え

9

世の中は春なのに天候が荒れて落ち着かないです。でもまちがいなく来月は桜が咲いて楽しませてくれるでしょう。

以下はオーディオマニアのおはなしです。

昨年わがオーディオ道楽の終着点と思って導入した英タンノイオリジナルのランカスター(40年ものHPD315タイプ)に荒療治を施すことになり無事手術が終わってひと安心の夜を過ごしています。不具合は求める前の試聴で指摘し修理したはずのトゥイターの特定の音でのビリつきが完全に治っていなかったことです。
 なにせ40年前の製品ですからなにかはあるけれど音そのものの問題では落ち着いて聞いていられない。で、販売店に相談しいろいろ交渉の結果販売責任もあるとのことになり、商売のネットワークで探してもらいたまたま同じスピーカーユニットの箱入り在庫があった山形市の店(仕入れ先とのこと)から外して持ってきて中身を入れ替えという前代未聞の荒療治の末に戻ってきました。
 箱は英国オリジナルのものでスピーカーユニットより箱が高いということで輸入当時は暴利だ、日本の木工技術で作ったほうが安くていいものができるなんて説が一般的でしたがその後そうではない、楽器と同じでユニットと箱はふたつでひとつなんだということが常識になりました。
 ところが同時期の品番型番のスピーカーユニットなのに固定用のネジ穴の形状がわずかに異なりそのまますんなり入れ替えとはいきませんでした。当時は大英帝国の最凋落時期でかなりおおざっぱなことをしていたようです。販売店の若い衆が鑢を手に大汗をかいてセットしてくれました。
 結果はうまくいきました、でもおなじ品番型番といえども手工業ゆえ製造のラインや日時の違いで当然ながら音は違います、アッテネーターを上げたり下げたり、置きかたをセンチ単位で前に出したり横に広げたりまあこれは楽しみのうちであります。これで落ち着いてレコードが聞けるようになりました。
 販売店(オーデイオショップケイキ、仙台市青葉区宮町)の社長に経費はかかっているのだから負担するから言ってくれと言ったら、「向こうの店の手間賃に払う分はもらうけれどこっちの分は俺は信用と売り上げでやってるんだからいらねえ」ですって。やるなあやせがまん。
 そのうちアンプのひとつも買わなければならんかなあ。

8 こんな現在です。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

丘を越えて春の蔵王連峰  宮城県村田町村田

 

5

前記事の里から町内へ向かって丘を一つ越えた瞬間こんな風景が広がります。残雪の蔵王連峰が南から北までひとめで見渡せます。あと2週間くらい後の風景です。

用紙はモンバルキャンソンF10を横半分に切りました。絵具は春向きと勝手に決めているセヌリエです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

民話の里の春景色  宮城県村田町姥ケ懐

4

平安時代の鬼退治の伝承をはじめとして様々な民話がある古い里です。四方を丘陵に囲まれた小さな谷間は唱歌「ふるさと」にあるような四季それぞれの好風景を見せてくれます。

用紙はオリオン・ブルフォンセF6、絵具は吉祥です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

春の蔵王連峰  宮城県蔵王町円田

3

前記事の赤い屋根の農家に近づいて南蔵王を望遠レンズで引き寄せています。いわゆるふるさとの絵の定番的な構図になりました。

 用紙はラングトンF10、大きな紙に向かうとひとつひとつのパーツが大きく描けるので気持ちがおおらかになります。絵具は吉祥です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

春が来た  宮城県蔵王町円田

2

仙台は野の梅もほころび春が来たなという感じです。約1か月先の南蔵王と中央蔵王の連峰の風景です。この季節は蔵王連峰がもっとも美しい姿を見せると思っています。

用紙はモンバルキャンソンのF10を横半分に切ったものです。絵具は日本画用水性絵具吉祥です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

今日からミニ個展です

1

ご縁があって仙台駅近くの魚の加工品店“伊達海鮮“併設のギャラリーで3月30日まで個展をすることになりました。タイトルは”花を待つこころ“です。
  瀟洒なビルの1階に開かれた店舗で、本社工場は石巻市内にあり津波で流されましたががんばって営業を続けています。

201731日~30日まで 

10301900(無休)

伊達海鮮仙台花京院店内ギャラリー

仙台市青葉区花京院1-2-3 ソララガーデン1階北側 ☎022-398-3412

 Dscf1114 内部

 

Dscf1117 外観

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

白鳥の湖夜明け  宮城県栗原市 伊豆沼

1

ずいぶん前に調査業務で夜明け前に行った伊豆沼の夜明けです。万単位のマガンや白鳥が毎年やってきます、そろそろ北へ帰る時期になってきました。
 毎年同じ構図で一枚づつ描いていますがまだあの時の空の美しさは表現できません。また来年です。

 用紙はウオーターフォードF6です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

雪景色ラスト  宮城県川崎町今宿

2


 知り合いの石彫家の工房近くの風景です。このあたりから奥羽山系のふところに入ります。
 菓子屋さんの店先はひなまつり一色になる季節です。新聞には菜の花の開花の写真が出ていました。今冬の雪景色はそろそろおしまいにして春の気分に移行します。

 用紙はオリオン・ブルフォンセF6です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

雪原の木   宮城県色麻町

4

そろそろ春の絵に行こうと思いつつ毎日雪が降るので雪景色をもう少し続けます。ここ王城寺原は広大な開拓地で家が点在しその間は数百mもあります。

用紙はA4の色紙、雪のような白い漉き込みがあり冬景色に合います。絵具は墨とガッシュの白です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

子供たちに元気をもらいました  山形市高瀬

3

 中世、戦国時代から山形(最上)側と仙台側を結んでいた古街道のまちです。
 宮崎アニメの”おもひでぽろぽろ”の舞台にもなりました。広い谷間のみのりと交易の豊かさを感じさせる素敵なところです。
 雪の舞う中を学校帰りの子供たちが遊びながら元気ではしゃいでいました。豪雪地ではありませんが雪は仙台とは比較になりません。
 この風景を見たのは5年前ですからこの子たちは高校生になっていることでしょう。

用紙はヴィファールF8、絵具は墨やガッシュ、透明水彩いろいろ混ざっています。

8 以前描いたものですが家の近くではこんなふうでした。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«湯殿山中田麦俣冬景色   山形県鶴岡市 田麦俣