2017年11月14日 (火)

広瀬川の秋  貼り絵  仙台市評定河原橋

4

 
 貼り絵が面白くていろいろな相手へトライしています。先月11日にUPした風景を赤い紙を使って再構成しました。細かいところに気を取られすぎてうるさくなったのが反省点です。

用紙はF5相当です。紙の地色は空と川の部分です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。






 

下の広告は本記事とは関係ありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

おじいちゃんの至福   仙台市野草園にて

3

 仙台市野草園での3回目の個展は12日間詰めっきりでしたが多くの方々とのふれあいができてとても有益でした。
 その中で隣接する食堂のテラスでみかけたしあわせの風景です。おじいちゃんと孫娘がそばを食べながら「おじいちゃん、おいしいね」なんて、ごきげんな孫ちゃんを見るおじいちゃんがとろけそうなしあわせの表情でした。

用紙はモンバルキャンソンF3、絵具はW&Nです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。











| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

山里夕景貼り絵  宮城県川崎町

 2

 貼り絵への挑戦をはじめて4作目です。仙台市のとなり町の川崎町の谷間の風景をモチーフにして作りました。水彩画とは異なるエッジのきいた表現ができるので面白いです。

 用紙サイズはF5相当です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

どこにでもある秋の風景  宮城県宮崎町

 Dsc_4247

 先月取材した山と広い田んぼのみのりの風景です、日本じゅうどこでも見られる珍しくもない風景ですがまあ季節ものということです。今年はお天気が不安定で心配でしたが無事に稲刈りの時期を迎えることができました。


用紙はファブリアーノ荒目F6、絵具はシュミンケです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

今日から個展です   仙台市野草園展示室

Dscf1483 A室 春夏

今日から仙台市の植物園の野草園での個展です。118日までの12日間です。好天の土曜日、初日の朝、開館と同時くらいにお客が入りました。
 里の四季をテーマにしています。会場が広いので8号くらいのサイズが中心です。
 前記事の貼り絵も展示しています、ほかのと見た目が異なるので注目を集めています。


Dscf1484 B室 秋冬

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。










 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

季節外れですが夏休みの貼り絵   宮城県岩出山町

4

 先月・今月と貼り絵画家の方の作品を見て以来、貼り絵が面白くて練習中です。
 “奥のほそみち”で芭蕉主従が最上へ歩いて行った旧出羽街道の風景です。以前描いたところですが貼り絵に向きそうだと思い制作しました。
 貼り絵はエッジがたつので描くのとはまた違う面白さがあります。紙を爪で裂いたり数種類のはさみを使ったり技法はいろいろです。



用紙サイズはF6相当です。ベースの紙の地色は空の青色です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

七つ森中秋   宮城県大和町吉岡

 3

 仙台市の北となりの大和町のシンボルの七つ森と山麓の秋です。標高300m前後の岡という感じの七つの小山ですが存在感があります。

 
今月28日から来月8日まで仙台市野草園で3回目の個展です。準備はほぼ終わりましたが画題プレートやミニテーブルなどこまものの過不足がないかなど落ち着きません。

用紙はクレスタ―F6、絵具はシュミンケです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

貼り絵への挑戦  広瀬川の秋   仙台市評定河原

 2_2

 仙台市の中心部を流れる広瀬川の風景の中でも好きな場所はここ評定河原橋の上からの眺めです。清流と山の木々が四季それぞれに美しい風景を見せてくれます。
 先月は内田正泰さんの貼り絵の美しさに魅せられ、今月は山下清さんの原画展でその精緻さに唖然!!。貼り絵という単純なくくりではおさまらないなあというところです。
 カルチャー教室のちぎり絵と混同する人も見かけますが貼るという行為以外は全然違うものです。
 内田正泰さんの作品と貼り方の実際を見たことを参考にしながら自分流に色紙を裂いて切ってこすったりしてヤマト糊で貼っていきました。色紙の種類は多くないので限られた色をどう組み合わせるか、濃淡グラデーションは㊙テクニック。
 
どんな色、濃淡でも作れる水彩画とは異なる構成力が必要です。これまでの自分の作品作りにはなかった技法なので面白いです。とはいいながら若干は水彩絵具の力も借りています。

 

 

用紙サイズはF6相当です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 




 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

越後街道手ノ子宿遠望   山形県飯豊町手ノ子

1


 
前記事の家と旧街道を対岸の現国道113号から見ています。往時はこの狭い谷間の街道すじに旅籠がならんでいたのでしょう。ここから左へ越後への最大の難所、宇津峠が待っています。
 脇を走るJR米坂線にとっても最大の難所でした、ゆえに鉄道写真の撮り鉄にとってはこの先の峠越えは最高のポイントでした。


 用紙はクレスタ―F6、絵具はレンブラントです。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

越後・米沢街道手ノ子宿の名残り   山形県飯豊町手ノ子

 
 6

 前記事の旅籠から東へ200mくらいのところに宿場の名残りを感じさせる1軒家がありました。往時にはたぶん旅籠だったのでしょう。そばにJR米坂線が通り自家用みたいな小さな踏切があります。標識には幅2mとありましたから通れるのは小さなトラクターや田植え機などでしょう、もしかすると慣れた地元人が軽トラですいっと抜けているのかもしれません。


 用紙はキャンソン・ムーラン・ドロア45×30cm.。絵具はシュミンケです、1年くらい使わずにいたら案の定いくつかのチューブが固まりかけていました、小さいチューブひとつ平均1500円もする高価な絵具なのでこれはいかん、せっせと使わなければ・・・です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

«越後・米沢街道手ノ子宿  山形県飯豊町手ノ子