2017年7月26日 (水)

茅葺き屋根が群れていた谷再描   山形県村山市上五十沢

6

 前々記事の絵を遠近感を変えながら再度描きました。手前の家はしっかりしていて屋根の補修材も積まれているのでこれからも残っていきそうです。
 山形県の月山や湯殿山の山麓で見られる兜づくりの姿です、これはかって養蚕が行われていた名残りを伝えています。

用紙はキャンソン。ムーラン・ド・ロア45×35cm、コットン100%で安価でいい紙なんですが縦横比が独特で市販の額におさまらないのが困りものです。絵具はクサカベです。クサカベの発色が個性的なのでいろいろな紙で試しています。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

茅葺き屋根が群れていた谷全景  山形県村山市上五十沢

4

 前記事の谷間の集落の全景です。といっても現地にこの視点はありません、スギの梢に登れば見えるかもしれませんが不可能です。
 現地へ2度行って配置や家々の特徴をつかんで描きました、小さな物置小屋などは省略しています。
 屋根の維持修復がされて住まいとして人が暮らしているのは右から2番目です。
 前記事の家は右から3番目です、家の軒下周りに大量の補修用のカヤがありましたので近いうちに補修がされるのでしょう。
 補修は全部を取って総葺き替えをするのではなく傷んだところを抜いて新しいカヤを差しこんで行くかたちです。右から2番目の家はその補修が終わったばかりです。

 

用紙はミューズ・ランドスケープ46×28cm、絵具はクサカベです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

茅葺き屋根が群れていた谷  山形県村山市上五十沢

5

 五十沢と書いていさざわと読みます。十数年前には全21戸のうち17戸が茅葺き屋根だったところです。少し下の五十沢集落とともに戦国期に落ち武者が住み着いたと伝えられています。
 狭い谷間で耕地もほとんどなく近年まで炭焼きや山仕事で暮らしを立てていたとのことです。
 この位置からだとたくさんあるように見えますが今ではこの視点の背後と奥の木の陰にもう1戸計5戸だけです。一時は地元の東北芸工大も参加して保存活動も行われましたが今は行われていないようです。

用紙はミューズ・ランドスケープ46×28cm、絵具はクサカベです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

6月の蔵王連峰  宮城県川崎町

3_2

 1か月前の風景です。谷筋の残雪がアクセントになっている6月の蔵王連峰です。右手前の家は実際は今風のつくりです、風景の前景としてそれらしくアレンジしました。

 用紙はモンバルキャンソンF10を横半分に切りました。絵具はレンブラントです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

梅雨の山里最上海道  宮城県小野田町門沢宿

 1

 前記事の風景を梅雨らしくぼかしを使って描き直しました。濡れた紙に描くウエットインウエットの技法ではなく水張りし乾いた紙に絵具を塗ってすぐ霧吹きで散水です。初めての方法ですが紙質によりかなり変化がありそうです。
 この宿を通る街道は最上街道、最上海道、中羽前街道、母袋街道といろいろな呼び名があります。

 
 用紙はクレスタ―F6、絵具はレンブラントです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

最上街道  門沢宿遠景

2

 最上街道軽井沢越えと呼ばれた古街道の宿場のまちの遠景です。この先で旧街道に分かれ漆沢宿を経て軽井沢番所を通り山形側の銀山温泉へ至る峠越えの古街道が姿を残しています。山形側では仙台街道、宮城側ではなぜか最上街道ではなく最上海道と名がついています。
 
この先は明治期に開削された新道で母袋街道と呼ばれ昨年までは冬季は閉鎖される山道でしたが今年から通年交通が可能になりました。前の会社でこの道路改良の設計にかかわったのが15年前、ずいぶんと時間がかかりました。

 

 用紙はクレスタ―F6、絵具はレンブラントです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

梅雨到来   仙台市泉区西田中

 6

 例年よりおそい梅雨がやっとそれらしくなってきました。湿度の高い空気をとおして見る泉ヶ岳です。
 川は西田中川、田んぼの続く中を流れ水はきれいで、夏は子供たちが水遊びや雑魚すくいを楽しみます。

 用紙はヴィファールF8、絵具はレンブラントです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

初夏の終わり蔵王残雪   宮城県川崎町前川

5_2

 梅雨入りまでは少し間がある6月9日、田植え作業も終わりしばしの静寂とさわやかな風の田んぼが前景の不忘山から熊野岳までの蔵王連峰です。
 この日は好天に後押しされて山形側にまわりこの山を越える山岳道路を走って戻りました(約200km)。
 右の熊野岳の向こう側には有名な蔵王温泉とスキー場があり若いころは毎週のように通っていたところです。その思い出もあり回ってみましたが30年以上もたっているのですっかり様変わりしていて迷子になりました。

 
 用紙はワーグマン37×18cm、小さい紙に大きな風景をと思ってトライしました。絵具はレンブラントです。この紙は安価で厚く丈夫、絵具を選ばず色がくっきり強く出ていい紙です。四六判のシートを買って適当に切って使っています。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

梅雨間もなく泉ヶ岳  仙台市泉区 西田中

 4

 梅雨に入るかなと思ったのもウつかの間でよいお天気が続き過ごしやすくて助かる6月です。
 この視点のところは泉区の4つの大字が出会うところです。川の名は西田中川です。上下流とも農地の中の人工河川化していますがここだけ(200mくらい)自然のかたちを残しています。渓流竿をだしてみたくなるような渓相です。

 
 用紙はWワトソン、F6、絵具はしばらくぶりのターナーです。チューブタイプの絵具ですが使いかけで量が少なくなった順に固まってしまっているのがいくつかありました、これはチューブタイプの宿命でやむを得ません、買ったらどんどん使えということです。
 こういう時にはあきらめずチューブを切り開いて固形絵具のように使えばなんとか生かすことができます。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

5月なかばの山里   仙台市青葉区十里平

3


 3
つ前の記事の十里平開拓地の10日後です。この季節はどんどん色が変わっていきます。今では新緑の色もすっかり緑が濃くなりました。厳しい開拓地の条件なので離れる人が多く絵の左右2軒の家は無住です、その先に3軒ありますが同じです。
 ここだけではなく奥羽山脈の谷間深くに形成された新旧の歴史がそれぞれの山間集落はいずれも過疎化の波にのまれつつあります。

用紙はキャンソンのムーラン・ドゥ・ロア45×30cm、絵具はラウニーです。なぜかラウニーらしいさわやかな色が出ずちょっと重くなるのは紙との相性があるのかなあ。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«5月の光のもとで田植え  仙台市青葉区大倉