2018年9月25日 (火)

厳冬泉ヶ岳  仙台市泉区根白石

 

4

 あと3か月もすればこんな風景を見ることになります。この風景を毎日見て育った地元出身の友人からのリクエストで描きました。
 地域の根白石市民センターの11月の文化祭に招待されたのでほかの作品とともに展示するつもりです。地域の人々が100%わかる風景なのでどんな話が出るか(なじょなはなすになんだかや)緊張感もありますが反応が楽しみです。


 用紙はモンバルキャンソンF10をほぼ横半分に切りました、52×23cmになりました。絵具はシュミンケです。相性がいいようで空の青がむらなく塗れました。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。











下の広告は本記事とは関係ありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日 (火)

初秋泉ヶ岳    仙台市泉区根白石

3

 前々記事と同じ構図です。県道から根白石地区に入った途端目の前に広がる風景で地元の人々の原風景です。
 四季いろいろ色が変わる田んぼと泉ヶ岳が作り出す風景は何度描いても飽きません。
 地元出身の友人から真冬のこの風景を描いてくれというリクエストがあったので次は1月の風景です。

 用紙は既成の貼りキャンF6、絵具はリキテックスの新製品ガッシュアクリルです。


にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 





下の広告は本記事とは関係ありません

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

そろそろ稲刈り   仙台市泉区西田中

2

 この夏から母がお世話になっているケアホームのベランダから見える風景です。どこにでもある農地の風景ですが見て飽きないところです。実はなかなか歴史のある谷間で奥には中世の杭城(くいしろ)館跡があります。そのころから耕作がなされていたのでしょう。

 

 用紙はミューズランドスケープタッチⅡ 41×21cm、絵具はシュミンケです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 







下の広告は本記事とは関係ありません


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日 (水)

晩夏の泉ヶ岳   仙台市泉区根白石

1_2

 台風一過の青空になりました。2週間ぶりの晴天です。2週間前の風景を描きました。農地は転作作物の豆が多いところです。山裾の家々や構造物は省略し山を主役にしました。

 先日新しくもとめたリキテックスの新製品ガッシュアクリルをはじめて使いました。
 使い慣れたターナーのアクリルガッシュとかなり使い勝手がちがい異なる発色が楽しめました、でも重ね塗りがすぎ暗くなってしまいました。
 紙ではなく既成品の貼キャンバスのF6サイズです。1420円ほどの中国製の安価なものだったので念のためジエッツを塗り重ねて使いました。






にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。






下の広告は本記事とは関係ありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

今年の8月が去っていく  宮城県金成町 普賢堂


5_4


 今年の8月もカレンダーどおりに去っていきます。8月はみちのくでは人も生き物もいきいきといのちが満ちます。

 絵は10日前の8月19日の風景です。
 荒れた天候でしたが田んぼはみのりの色が濃くなってきました。まもなく稲刈りがはじまるこの色を見ながら農道をゆっくり走るのが楽しみです。今年も食べ物がとれてよかったと思いながら。
 遠景の青い山は栗駒山です。

 

用紙はアルシュ荒目51×31cm、絵具はシュミンケです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。






下の広告は本記事とは関係ありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

夏休みおしまいでも猛暑続く   宮城県金成町 普賢堂

Pp


 金成町(かんなりまち)は宮城県の北端で岩手県との境にある古い街道町で名の通り金の産出地のように思えますが??です。しかし義経伝説に出てくる金売り吉次の出たところとされています。しかもこの小川は金流川という名でなにかありそう。
 
 ここは町の中心部から離れた丘陵地で集落の中に普賢菩薩をまつるお堂があることから地名がついたようです。

用紙はWワトソンF8、絵具はW&Nです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。









下の広告は本記事とは関係ありません

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

夏空青く田はみのる   仙台市泉区 根白石 

 3

 8月らしい青空をやっと見ました。
 今年の8月は台風やら低気圧やらでさえないお天気ばかりでしたが雨上がりの青空の下の田園は透明でコントラストが強く生命感に満ちていました。
 4年前から描きたいと思って何度も通い光がいまいちだととっておいた風景にイメージ通りの光が満ちました。
 この風景はおおまかに根白石とよばれていますが実際には根白石、福岡、西田中、朴沢の四つの旧村(今の大字)で構成されています。


用紙はワーグマン80×31cm、絵具はクサカベアキーラです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。








下の広告は本記事とは関係ありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

小さな城下町の手作りたなばた祭りで孫自慢   仙台市泉区根白石

 2_2

 仙台市北西部の根白石は小さな城下町で伊達政宗の祖母が暮らした城跡も現存しています。
 毎年地域の人々の力で伝統七夕造りが行われています。鉢植えの竹に飾りをつけるのが特色です、竹を切らず毎年使えます。飾りの中に必ずあるのがわら細工の馬やわらじ、きんちゃくや羽織です。
 取材に行った際にきれいなおかあさんと孫自慢のおばさんを見かけて描きました。



 用紙はミューズランドスケープタッチⅡ 41×21cm、絵具はしばらくぶりのレンブラントです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。


 









下の広告は本記事とは関係ありません

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

ふるさとの夏風景    山形県小国町伊佐領 大石

1_2

 前記事の伊佐領から西へ2kmのところに日本人の愛唱歌“ふるさと”の歌そのままの風景がありました。
 昨年盆の新潟行の帰路国道113号沿いにちらっと見えた屋根のかたちがよかったので急ハンドルを切って小道に入りました。
 戸数7戸の小さな集落、伝統的なつくりの家が絵の2戸です。小さな盆地状の土地のまわりは林業の伝統をひいて手入れされた里山、遊べる大きめの渓流、小規模ながらきれいな畑や田などがありました。対岸には家はなく木材の加工場がひとつあります。
 もしこの2軒を茅葺き屋根に描けばまさに絵に描いたような日本人の心の風景になりますが自家用の画題にします。


 用紙はミューズ・ランドスケープ46×29cm、絵具はクサカベアキーラです、夏らしい鮮やかさを狙いました。不透明と透明が入りまじったアルキド樹脂絵具で使用感はアクリルに近いです。



にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 





下の広告は本記事とは関係ありません

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

山里に夏が来た   山形県小国町伊佐領


4


 昨年817日の風景です。前日まで連日の雨や霧が続いていましたがようやく青空になった日でした。
 JR米坂線の伊佐領駅から100m、T字路のつきあたりに伝統的な姿の民家が2軒残っていました。以前林業が盛んな頃は大変にぎわったところで大きな旅館の建物も残っていました。今は20戸ほどの静かな山里です。
 このあたりは飯豊連峰と朝日連峰の裾が出会うところで峰と渓流がつくる複雑な地形の連続です。国道113号(越後米沢街道)も数えきれないトンネルと橋の連続です。
 この集落は伊佐領という名で、調べてみたら伊佐氏という豪族が領していたことに由来するそうです。また伊佐氏というのが仙台藩主の伊達家の先祖らしいことも発見しました。

 


用紙はミューズ・ランドスケープ46×29cm、絵具はアクリルガッシュ、ターナー・ジャパネスクです。アクリルは用紙の水張りをしっかりしておけば何回でも塗り重ねができるので楽しいです。空の青は4回塗り直しています、濡れてる時と乾いた時に色が違うので試行錯誤しました。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。









下の広告は本記事とは関係ありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«去年の今頃、山里は梅雨明けず   宮城県七ヶ宿町横川