2020年8月12日 (水)

ホタルとぶ里   仙台市泉区朴沢

1_20200812174201

 

 仙台市の北西端にある歴史の長い里の用水路にホタルが飛びます。この時期はお盆迎え火のようにの感じますが 最近はなかなか見ることはできません。



用紙はストラスモアF4、絵具がシュミンケです。



にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

ホタルとぶ里   仙台市泉区朴沢

1_20200812174201

 

 仙台市の北西端にある歴史の長い里の用水路にホタルが飛びます。この時期はお盆の迎え火のように感じますが 最近はなかなか見ることはできません。



用紙はストラスモアF4、絵具がシュミンケです。



にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

元気な子供たち   仙台市泉区福岡小学校

1_20200804230301

 

 ロケハンの道すがら交差点で停まったら近くの小学校の子供たちの列を見かけました。明治6年開校の小学校の子供たちです。校外学習へ行くのでしょう、なんともかわいい情景でした。

 

 

用紙はF4、絵具はw&Nです。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

数十年変わらぬ風景 泉ヶ岳への道   仙台市泉区旗枠

4_20200720230501

 

 昭和中期の泉ヶ岳登山はここからスタートでした。昭和32年に通ったバスがここで終点だったのです。今では中腹のスキー場までバスが行く立派な道になりました。左へ行くのがスキー場への道、当時約5kmを歩きました。右へ行く細い道の先には小さな集落がありその先は山への林道になります。右の家はかつては集落唯一のなんでもやさん、登山者は立ち寄ってラムネやジュースを飲んだりおばさんと話をするのが常でした、缶ジュースなどない時代です。

Img640 

 

用紙はコットマンB-4、絵具は吉祥です。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

季節を戻し桜の道   仙台市泉ヶ岳

5_20200709193801

 

 季節を戻して仙台の原風景を作る泉ヶ岳のスキー場へ行く県道沿いに桜がたくさん植えられて晩春のひと時素敵な風景を見せてくれます。スキー場が目の前で標高が数百メートルの高地なので里のサクラが終わった4月末に楽しませてくれます。

 

 

 用紙はミューズランドスケープ41×25cm、絵具は日本画用水性絵具吉祥です。

 

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

梅雨晴れのひととき    仙台市泉区根白石

 

3_20200628195001

 不安定な天候が続きますがときおり夏のような空になるときがあります。稲の生育もよくいい色に染まっています。山の緑も深くなり暗めの色になりました。

 

 用紙は貼りキャンF6、絵具はアクリル、リキテックスです。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

梅雨入り近し    仙台市泉区福岡

 

2_20200618170601

 仙台市の北西端、七北田川に沿った広い谷間の里です。土地の隅々まで耕され、家々の庭も手入れが行き届き豊かさを感じさせる農村風景があります。

 

 

 用紙はマルマン・オールドマスターF4、絵具は日本画用水性絵具吉祥です。



 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年6月 9日 (火)

隠れ里の初夏   岩手県一関市萩荘

 

Dsc_6731

 岩手県と宮城県の県境の丘陵地帯に萩荘(はぎしょう)というみやびな地名のところがあります。
 ゆるやかな丘と谷が連続するところにぽつりぽつりと農家が建っています。宮城県と境を接しながら家々のたたずまいは異なります。まさに絵になる風景があります。
 ロケハンの途中に見つけたのは、唱歌「故郷」にある“ウサギ追いしかの山、小鮒釣りしかの川・・・ ”そのままのような風景でした。  今年も訪れる予定でしたがコロナ禍であきらめて昨年の写真から描きました。

 

 

 

 用紙は旧ワットマンF10、絵具は日本画用水性絵具吉祥です。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

広瀬川へ落ちる季節限定の滝  仙台市青葉区苦地

 

Dsc_6699

 仙台市のシンボル広瀬川は本流以外にある滝で全体を対岸から見ることができるのは上流部のここ1か所だけです。
 広瀬川がスパッと切り落としたような断崖を流れ落ちます。落差はざっと数十メートルはあります。崖の勾配が垂直ではなくわずかに斜面状なので品よく流れ落ちています。白糸の滝といった風情です。
 このあたりにはこれほどの水量を落とす支流の川や沢はなかったはず、そこで探査しました。ぽつんと一軒家に出てくるような急な細い道と橋を登り落ち口へ行くことができました。
 そこで見た滝頭は地区の農業用水の余剰水のはけ口でした。用水の流れに沿って行くと2kmほどのところに水門があり広瀬川のずっと上流からの用水路を調節していました。ということはここを水が流れるのは
通年ではなく農業で水が必要な季節だけですからこの滝も季節が秋冬になれば姿を消すのでしょう。
 秋になったら確認に行かねばなりません。

 

 

 

用紙はミューズランドスケープⅡ47×28cm、絵具は日本画用水性絵具吉祥です。

 



 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

紅葉と桜の不思議な競演   仙台市秋保町野中

2_20200520215101

 

 仙台市秋保町に毎年4月下旬にほんのいっとき不思議な風景を見せてくれるところがあります。
 春もみじの朱色と桜の競艶です。名取川がストンと削り出した急斜面にノムラモミジやチシオモミジと思われる樹木が芽吹きのころ桜と競艶するように意外な紅葉色を見せてくれます。1週間も過ぎれば新緑の緑に変わる自然の彩です。

 

 

 

 

 

用紙はウオーターフォードF6、絵具は日本画用水性絵具吉祥です。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

«桃畑の花ざかり   福島県国見町