2019年7月20日 (土)

アジサイがまだ咲いています  

3_20190720212601

 ときどき通る道で見る風景です。前記事の風景から90度首を振るとこうなります。すぐそばを4車線の幹線道路が走り複数の新しい工業地に囲まれていますがここだけ時間が止まっているような印象です。

 

 

 

用紙はW&FのF4、絵具はW&Nです。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

林縁のアジサイたち 

2_20190712120001

 今年の梅雨は長いです。そのおかげでアジサイたちがまだきれいです。過去ずいぶん描いてきたので今回はどういう表現をしようかだいぶ悩みましたがアクリルと色紙を使うことにしました。

 

 

 

用紙はNTケントの緑色を48×31cmにカット、絵具はターナー・アクリル・アーテストカラーです。

 



にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 4日 (木)

私にとっての秘境へ   岩手県藤沢町保呂羽


6

 仙台から北へ100kmほどのところ、宮城と岩手の県境の旧藤沢町にはじめて行きました。
 画友の行ってごらんとの勧めと、高速道路が近くまで開通したこともあり行く気になりました。
 宮城県東和町経由で県境の峠を越えたとたんに素敵な風景が見えました。保呂羽(ほろわ)という小さな集落を俯瞰するポイントです。ゆるやかな丘と小さな川に形成された谷間の小さな集落でありながら郵便局と駐在所もあり歴史のありそうなところです。
 おだやかな里景色で南隣の東和町とともに旧仙台藩時代の隠れキリシタンの旧跡や歴史もありまた訪れたいところです。 

 

 

 

用紙はWFのF6、絵具はW&Nです。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

紅花畑の夜明け  山形市高瀬

5_20190628121001

 

 江戸時代に京都面との主要な交易品だった山形の紅花は今も見ることができます。
 アニメ映画「おもひでぽろぽろ」の舞台になった高瀬の風景です。花の周囲にとげがあるため夜露で湿った状態で摘み取ります。

 

 用紙はF4、絵具はW&Nです。



 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 




| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

萩荘の初夏   一関市萩荘

3_4

 広い岩手県でも最も南の一関市、その中でも宮城県との県境にある萩荘という典雅な地名のところです。栗駒山から指のようにのびてくる低い丘と谷で形成された風景は地名のとおりの美しさを見せてくれます。
 昨秋に訪れてその豊かさを感じさせる美しさに魅せられて5月に再訪しました。



 用紙はキャンソン・ムーラン・ドゥ・ロア45×30cm、絵具は初夏の色をよく出してくれるラウニーです。


 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

豪商の名残り   山形県中山町

Img885

 前記事の柏倉家の外観です。公開されていますが中は殿様も及ばないほどの贅を尽くしたものです。
 同じ県内の庄内地方にはより豪勢な大地主(本間家)がいて 「本間様には及びもないがせめてなりたや殿様に」 なんていう狂歌も伝わっています。
 手前の白い花はそばの花です。

 

 

 用紙はF4、絵具はW&Nです。

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

豪商屋敷  山形県中山町

4_2

 
 ここしばらく個展の会場に詰めていたのと、伊勢崎勝人先生のやさしくも的確なご指導をいただいたことから筆が止まっていました。
 江戸時代に大地主兼紅花商いで財をなした柏倉家の巨大な家です。山形は小さな藩がひしめいていて交替も多かったようで、在の名家を頼ることが多かったため豪農商屋敷があちこちに残っています。この家は6000石ぶんの農地を持っていたそうです。

 

 

 

用紙はF4、絵具はW&Nです。



 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

別れの一本杉 春日八郎唄  遠野市綾織

3_3

 昭和の名歌手春日八郎の望郷の歌「別れの一本杉」のシーンそのままの風景に出会いました。一本杉、石の地蔵さん、村はずれ、歌にはないけれど一日数便の乗り合いバス。
 この歌がヒットしたころは望郷の歌がたくさんありました。「哀愁列車」、「柿の木坂の家」、「北上夜曲」などなどいつ聞いてもしみじみと心に響く歌たちです。

 

 用紙は画用紙F4、絵具は吉祥とサクラはアクリルです。



 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

今日から個展、なんと伊勢崎勝人先生のご指導つき

Dscf2915

 今日から31日まで仙台市立町のカフェ&ギャラリーガレでの個展です。
 テーマは「茅舎の輝き」とし東北地方各地のかやぶき民家を特集しました。
 午後お店の常連でもある伊勢崎勝人先生がお見えになり構図の取り方を主に丁寧にご指導くださいました。いやあもう雲の上の方からの一枚一枚への評を頂いて足が震える思いでした。なるほど・・・ 目からうろこが何枚も落ちました。
 お店のママさんが「生徒でもないのにあんなに熱心に指導されるのは見たことがない、普段は絶対しないわよ、よかったねえ」

 

 先生は先週のTV人気番組のプレバトに出演し、タカビー加藤登紀子の鼻をポキンで話題になりました。

 




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

奥州一関 骨寺村荘園遺跡初夏  岩手県一関市本寺

2_2

 

 12世紀に平泉の藤原清衡の命により中尊寺の荘園として経営され、以来今日まで保たれてきた里風景です。ここに立つと日本の農村の代表的な風景と感じます。
 平泉の世界遺産登録の時に一緒に候補になりましたが残念ながらだめでした。しかし文化財保護法の重要文化的景観に指定されています。

 

 

 

 用紙は旧ワットマンのF10を横半分に切りました。52×22cm。絵具は日本画用水性絵具吉祥です。

 



にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをクリックひとつお願いします。ランキングが上がります。

 

 

| | コメント (0)

«ウヰスキーの里の春  仙台市青葉区新川(にっかわ)