トップページ | 開高健と世界の怪魚-1 「オーパ!」  木ニ縁ッテ魚を求ムの図 »

2008年1月 4日 (金)

雪晴れの日、山形市東沢

雪がふって後穏やかに晴れた日の山形市東沢の里、高速道からの風景です。白い世界を描くのはむずかしいです、家の屋根に積もった雪と地面の雪はほんのすこし明度が異なります。目ではそれで屋根のかたちが分かるのですがかなり悩みました。描いてから師匠(勝手にそうしている)の絵を見たら「あっ、薄い細い線が1本入ってるうー!」。

子どもたちの遊びは裏山でのそり滑りです。たくさん遊んで家に帰るとおやつは以前は干し柿と甘酒でしたが今はどうなってるんでしょう。

道路は旧笹谷街道現国道286号です、家々の姿は今風に変わりましたが敷地のかたちはむかしのままです。一番下に伝統的なつくりの民家があり、取り残された柿の実がモノクロームの世界に赤い彩りを添えていました。

山沿いの川は笹谷峠が水源でヤマメが泳いでいます。まだ竿を出したことのない川ですが今年は試してみるつもりです。この上流には釣堀が3ヵ所ありそこから逃げ出した魚たちもいそうです。

ずいぶん田舎のように見えますが、実は車で5分下れば山形県庁があるところです。山形市は都市計画的に見ると大変面白いところで、突然都会が田舎になったりその反対の風景が見られます。

Img601

|

トップページ | 開高健と世界の怪魚-1 「オーパ!」  木ニ縁ッテ魚を求ムの図 »

コメント

杜しまさんの写真、イメージどおりでした。
今まで、想像した雰囲気の人と同じことは、少なかったのですが。

東沢の絵のアングルは好きです。
全体が見える中で、個々の家の個性も感じるからです。小さい頃から見てきた風景に似ています。こんなに高くないし、戸数も多くなかったのですが。
住みたいと思う風景です。

投稿: 元ベース弾き | 2008年1月 6日 (日) 17時00分

元ベース弾きさん
 こんばんは、今年は大きな変化の年ですね。お身体に気をつけて活動してください。
 このアングルは実は数秒しか見えない風景です。高速道を走るバスの窓から切り取ることができました。

投稿: 杜しま | 2008年1月 6日 (日) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/9707360

この記事へのトラックバック一覧です: 雪晴れの日、山形市東沢:

トップページ | 開高健と世界の怪魚-1 「オーパ!」  木ニ縁ッテ魚を求ムの図 »