« 2008年1月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

開高健と世界の怪魚-1 「オーパ!」  木ニ縁ッテ魚を求ムの図

 開高健師が世界中を釣り歩いたノンフィクションの3大ビジュアル本に「オーパ!1978」、「もっと遠く!、もっと広く!1981」、「オーパ、オーパ!!1983-」、があります。いずれも狂気と情熱に満たされた大作です。その中から名場面を絵にしました、5枚行きます。

17 

 最初の作品「オーパ!」の中にある、アマゾン川で鱗のある世界最大の淡水魚ピラルクー(最大長5mとか)をねらう師の姿です。水面に張り出した木の枝に腰かけて、下をたまたま通るピラルクーをモリで仕留めようというわけ、居眠りでもして落ちればアマゾン名物ピラニアにかじられる緊張感の中3時間この状態でピラルクーを待ったと書かれています。

 この魚、アマゾン地方では淡白でおいしいので漁師に追い回されて数が減っているそうです。大きいのが1尾とれれば1週間か2週間はのんびり暮らせるとのことです。

 師の結果は ・・・・ 徒労でした。そりゃあそうでしょう、諺のほうが正しい。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年9月 »