« 天上の釣り、合掌   開高健  川の中の一本の杭 | トップページ | 薄雪  神守の里     仙台市泉区福岡 »

2008年9月19日 (金)

開高健最後の大魚  イトウ  モンゴル高原 1987

 開高健師の姿をもう一枚描きたいシーンがありました。

 開高健師の世界釣行最後の大魚となったのは、19876月にモンゴルのチョロート川のイトウです。前年にも挑戦し滞在最終日823日、最後の2時間で93cmのイトウを釣り上げました。この一部始終はビデオ「開高健のモンゴル大紀行~未知の大地に幻の巨大魚を追って」にあります。なんとしてもメーターオーバーをという執念が再度の挑戦になりました。

 Img938_2

モンゴル高原の早朝は寒く、零下10度を下回る中のキャステイングはロッドガイドがたちまち凍りつきキャステイングができなくなります、私も3月早朝の北上川のサクラマス釣りで同じ経験をしています。師の寒そうな写真があったので描きました。

 その苦闘の中から巨大イトウ120cmをヒットさせました。その直後の感想として師は「またわたしは少し生き延びられます。ありがとう」、「大いなる日は終わりました、円は完全に閉じました」と語っています。これは釣師としての遺言と思われます。このわずか2年後に彼は亡くなりますが自分で悟っていたふうがあります。5_3

この後はスコットランドや中国北部の湖など へ行き、カナダ(889月~10月)を最後としていますが釣師としての登場はこのイトウが最後です。

 

このとき師の使用していたタックルは、アンバサダー7000番とフェンウイックのヘビー級ロッドですが、よく見るとリールとロッドが鉄の座金で固定されています、大魚に対応するための補強でしょうがこれほどの備えは淡水用では見たことがありません。確かに普通のロッドのリールシートはプラスチック製なのでメーターオーバーに対するには強度に問題があるかもしれません。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

|

« 天上の釣り、合掌   開高健  川の中の一本の杭 | トップページ | 薄雪  神守の里     仙台市泉区福岡 »

コメント

健さんの寒そうなこと!
見ただけでブルッときます。

120センチのイトウですか。
イトウとやらは、その昔、マンガ釣キチ三平にも
出演してたかしら・・ん・・

投稿: kayo | 2008年9月19日 (金) 09時44分

kayoさん、こんにちは。
 私は冬の北上川で同じような経験をしています、アウトドア用のガスストーブを持って行きました、が、寒すぎてガスが出てこず役に立ちませんでした。
 イトウは日本では釧路湿原に生息していますが貴重な生き物になりました。釣キチ三平にも出てきます。

投稿: 杜しま | 2008年9月19日 (金) 12時04分

杜しまさん、kayoさん、こんにちは。
確かに、「開高健」といえば、巨大イトウのイメージがあります。
そして、「釣キチ三平」といえば、
高知は四万十川の巨大アカメにも繋がりますきにね。(^_-)

投稿: T記者@土佐の高知 | 2008年9月19日 (金) 19時36分

T記者さん、こんばんは。
 開高師は日本では釧路川でイトウを2本釣っています。この詳細は「私の釣魚大全」にあります。初出は「旅」1968年8月号ですからもう40年もたっているのですね、今では現地でも幻の魚になっているようです。
 四万十のアカメはまだいますか。

投稿: 杜しま | 2008年9月19日 (金) 22時48分

こんにちは。

氏のモンゴルの釣りは確かその映像がサントリーのCMに使われていたでしょうか?後でいくつかの作品に触れるにつけ、要所で短い言葉が頭に残っています。

人はなぜ釣りをするのか?氏の作品の中に沢山ヒントがあるように思います。

投稿: Yujiro | 2008年9月20日 (土) 13時59分

Yujiroさん、こんにちは、
 開高師は若い頃「寿屋」現サントリーの宣伝部の社員でしたからそのご縁からか、よくオールドやローヤル、リザーブのCMに出ていました。この時の映像も使われています、サントリーオールドだったかを祝杯をあげる前に天の神や地の神々に捧げるちょっとした儀式をしていました。
 CMの中に、「オタワの奇蹟、○○の脅威と呼ばれた私がボウズなんだ・・いったい地球はどうなったんだろう・・」というセリフのもありました。今師のCM集をDVD化したら売れるんですがねえ、サントリーさんやりませんかねえ。
 師の一連の釣関連の著作は釣師を自称する人は読んでおくべきものかなと思います。仲間の若い人に無理やり読ませたら次の釣行から言うことが変わったことがありました。

投稿: 杜しま | 2008年9月20日 (土) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/23843007

この記事へのトラックバック一覧です: 開高健最後の大魚  イトウ  モンゴル高原 1987:

« 天上の釣り、合掌   開高健  川の中の一本の杭 | トップページ | 薄雪  神守の里     仙台市泉区福岡 »