« 開高 健 再び  キングサーモン | トップページ | 歴史街道  会津中街道―1 »

2009年4月 1日 (水)

花の谷、みちのくの桃源郷   福島市花見山

 福島市の山あいに写真家の故秋山庄太郎氏が晩年「桃源郷」と言い撮影に通った谷があります。

34_2

 花見山公園と言い、毎年短い期間に30万人もの花見客が訪れています。福島駅からのシャトルバスを下りた瞬間から「うーむこれは!!」と思わせる花景色が広がります。みちのくで咲く花木の全てがこの谷間にあると言っても過言ではありません。桜各種を主に、桃、梅、花モモ、モクレンなどなど、低木ではレンギョウの黄色が主力です。造園専門の私でも種類はとても数えきれません。

 この絵は07年4月12日にかみさんと行った時の写真をもとにしています、今年もあと少しでこのような風景を見ることができます。

 ここは驚くべきことに花見山公園と名づけられていますが実は私園なのです。しかも無料です。

ひとりの篤志家が戦後すぐ「花で山をきれいにしたいな」と思い立ち荒れ山に手入れをして苗木を植え、管理をして、ひとりで楽しむのはもったいないと開放したのが1960年だそうです。それが正面の山です、その後里の人々がそれぞれに植えて今の風景になりました。

Img038

 園主の方のお話が一昨年の新聞に載っていました、まことに品のよい方です。毎年園路や木の手入れを続けてこられています。親子2代の「花咲かじいさん」です。3代目もしっかり育っているとのこと嬉しい限りです。今の世の中にこんな方もおられること暖かい気持ちになりますね。

 絵の真ん中の青い屋根の建物がお宅です、実際には花に埋まってほとんど見えません。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックをお願いいたします。

33

 用紙はF6、絵具は新しくもとめたオランダのレンブラントという品名のものです。イギリスのW&N、ドイツのシュミンケとも違う色が出ました。色の土台というか基礎が強く腰のすわった発色と感じます。絵具にどうこう言えるレベルではありませんが用具をいろいろ試すのは楽しいです。筆が1本おまけに入っていました。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

|

« 開高 健 再び  キングサーモン | トップページ | 歴史街道  会津中街道―1 »

コメント

いつもクリックが先か記事を読むのが先か・・ですが、今日は、いっぱい咲いてる感がしまして迷わずクリックを・・
まさに花花花・人人人ですねぇ
用紙は案外小さめだけど、広範囲に描かれていてブログではとても大きく感じられます。
軽くお食事できる所もあるのかしら・・

投稿: kayo | 2009年4月 1日 (水) 09時26分

kayoさん、こんにちは。
 日本中あちこち桜の名所がありますね、そちらでは今が盛りかな。
 A-3版に近いサイズですがせまい机の上で描くのにちょうどいいです。
 ここは、飲食施設はあまりなくシャトルバス発着場にお弁当やお菓子の仮設売店があるだけです、1年のうち1ヶ月弱だけ人が来るところですから固定施設を作るわけにもいきません。
 またここは静かにお弁当を食べるのはいいのですが、宴会的な飲食は禁止です。それでとても静かなお花見ができます。

投稿: 杜しま | 2009年4月 1日 (水) 10時10分

福島に来て直ぐに、この花見山公園のことを知りました。
中々行く機会がなくて、今年こそは! と思っています。
先日の新聞ではシャトルバスも運行を始めたようです。

こんなに美しいところなのですね~!
デジカメも新しくしたことですから、ぜひ出かけたいところです。
桜の時季になると人も多いでしょうから、出かけるなら今ですね。
新聞記事も拝見しました。
現代の「花咲かじいさん」、良いですね~!

投稿: yoshiko | 2009年4月 1日 (水) 11時03分

yosikoさん、こんにちは。
 行かれるなら土日は避けて10、13、14日あたりがいいかと思います。ネットで開花情報が出ていますから確認できます。
 車では行かずJR、銘酒の小ビンとお弁当をぶら下げててっぺんの見晴らし広場でいただくともう天国的気分になります。
 

投稿: 杜しま | 2009年4月 1日 (水) 11時56分

詳細なアドバイス、ありがとうございます!
土・日は避けて、銘酒の小ビンとお弁当、てっぺんの見晴らし広場ですね!
これを読んで、気分もウキウキ、直ぐにでも出かけたくなりました。
ご返事の心配には及びません。銘酒の小ビンについ釣られて(笑)

投稿: yoshiko | 2009年4月 1日 (水) 14時00分

おおー
お酒に弁当!
たまりませんね(笑

今日は花巻東VS利府。
岩手勝ってしまいましたね!
明日はついに決勝戦!
お仕事ならないかも(笑

投稿: たけだ | 2009年4月 1日 (水) 22時34分

たけださん、こんにちは。
 花巻東たいしたものです、快挙でしたね。
うちの利府はまさかまさかの大事件、公立校ではしばらくぶりです。

 また天気が荒れて川にも悪影響がどんと出るでしょう、来週までおとなしく絵を描いています。
 今、この花見山の頂上付近からのを描きはじめています。次回UPです。

投稿: 杜しま | 2009年4月 2日 (木) 01時01分

前の会社の出張時、一度は行ってみたいところでした。残念ながら、タイミングが合わず、とうとう行きそびれてしまいました。この公園を造った人尊敬します。
今のところ、25日の絵が一番気に入っています。

投稿: 元ベース弾き | 2009年4月 2日 (木) 13時35分

元ベース弾きさん、こんにちは。
 ここは私のように都市公園の専門家から見て、稀有の事例です。このあたりはもともと桃やそのほかの果樹の大生産地でもあり花木への経験が豊富にあることもプラスしているようです。それにしてもこれだけの花園が私園であり無料で公開されていることに驚嘆しています。
 人は100円でもいいから入園料をとれば管理費くらいにはなるのに・・と余計なことを言いますが、今の世の中わずかでもお金を払えばトイレが不備とか歩きにくいとかいちゃもんをつけるでしょう。ただならなにも言わせなくてすみますね。
 桜シリーズはあと3枚用意していますのでその中からお気に入りをご指名ください。

投稿: 杜しま | 2009年4月 2日 (木) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/28901843

この記事へのトラックバック一覧です: 花の谷、みちのくの桃源郷   福島市花見山:

« 開高 健 再び  キングサーモン | トップページ | 歴史街道  会津中街道―1 »