« 2009年4月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月16日 (水)

歴史街道  会津若松市 小谷平沢の家なみ

 会津シリーズラストです。国道121号を北上し、会津若松市に入るとすぐ、国道脇にきれいな集落が見え車をUターンさせて入りました。国道に接する道路は5mほどのせまい道です。国道からの離れは20mほど、多分こちらが旧道で国道は付け替えたのでしょう。

11_2 

数えたら11戸でした、背後の山には住吉神社があります。いずれも伝統的な姿をとどめながら改築されています。国道に沿う小集落は市街地に入るまでいずれもこのような風景を見せてくれます。住んでいる皆さんは日常のあたりまえの風景でしょうが私の目からはその美しさは唖然とするばかりです、宮城ではこのような姿は見られないのです。

すごいなあ、会津の人々。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックをお願いいたします。

用紙はF8、絵具はラウニーです。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

歴史街道 会津 かやぶき屋根の駅 湯野上温泉

 会津松川街道を下り国道121号(日光街道)と合流して少し北上、 浅草までつながる会津鉄道が国道とともに大川に沿って走ります。

9_2  

 街道沿いに湯野上(ゆのかみ)温泉があります。歴史のある温泉です。

 その駅を見て驚きました、かやぶき屋根の民家風の駅です。近くにある大内宿のまちなみをイメージしたそうですが「やるなあ」。

 次の列車まで時間があるようで静かでした、夕日を浴びながら女性駅員さんがお掃除中でした。

 このアングルで写真を撮るのはけっこう大変です。国道と鉄道敷の間の柵を乗り越え、木につかまりながら急斜面を下りての撮影でした。

10

 

 2年前に描いた大内宿です、この駅からほど近くにあり伝統的建造物群保存地区指定により昔のまちなみが保存されています。那須との甲子トンネル開通によりたくさんの観光客が訪れるようになりました。この保存は簡単にできたわけではなく当時の町長さんの情熱と大変な努力がありました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックをお願いいたします。

用紙はストラスモア F6、絵具はラウニーです。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

歴史街道  下郷町 会津中街道―3

会津中(松川)街道3枚目です。前記事の集落を下り次の集落でみかけた風景です。会津南部の旧街道沿いのまちなみはみんなこんな風景です。改装はしても基本の姿をきちんと残す会津の人々の風景へのこだわり、ある意味頑固さはたいしたものです。遠い山のむこうは奥只見地方です。

6

集落に一軒だけの酒屋さん兼いろいろ店がありました。土蔵造りのしっかりとしたつくりを眺めていたら、体格のいいおばさんがスーパーカブでやってきました、当然おなじみさんでお店の中から元気のいい声がかかりました。野菜の種を買いにきたようでした。

写真を撮りながらあちこち歩いて戻ってきてもまだ元気なおしゃべりが弾んでいました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックをお願いいたします。

用紙はB4、絵具はラウニーです。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

歴史街道  会津中街道―2

 前記事の大松川集落の右半分です。少し間隔を開けるとつながります。上の道を行ったらすぐ行き止まりで畑の中に突っ込んでしまい、作業をしていたおばさんに会釈をしてバックオーライ、右端のお宅の庭でUターン。

5 

 方角は遠い日光を見ています。

 本道の会津中街道は下のバスの行く道でした。ゆっくりとゆっくりと走る美しい村の美しいバスでした。

 次はこの下の集落で見かけた風景です。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックをお願いいたします。

用紙はワトソンF6、絵具はラウニーです。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

歴史街道  会津中街道―1

先日、那須での同窓会のあと、新しい甲子トンネルを抜けて会津へ入りました。この道により那須から会津特に大内宿などへの人が多くなり活況を見せていました。評判の悪い公共事業ですがこれまで一種の閉鎖空間だった地域がとても明るくなっています。

3 

ここは栃木県側から会津地方に入ると最初の集落大松川です、ということは会津側からは最後の集落となります。集落の中を抜けている旧街道は松川街道あるいは会津中街道と呼ばれます。小型の路線バスがやっと通れる幅です、ここに路線バスを走らせているバス会社に拍手です。

会津から江戸方面へ抜ける主街道は今市へつながる日光街道でしたが災害で通れなくなった時に新たに作られ本道復活の後も脇街道としてずっと使われてきました。近代になって使われなくなりましたが、昨年新たな県道が開通し復活しました。この風景も新道から見える新しい視点です。

那須山を背景としてたちならぶ家々のたたずまいの美しさに息をのみました、なんとかハウスの建物はほとんどなく、そろったきりりとした屋根の線の母屋、白壁土蔵など法や条例がなくとも自然にできあがった見事な風景です。これがほんとうのローカルカラーと言えます。

会津では美しいのは有名な大内宿ばかりではないのです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックをお願いいたします。

用紙はワットマン半切、新聞1ページ弱、絵具はラウニーです。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年10月 »