« 歴史街道 会津 かやぶき屋根の駅 湯野上温泉 | トップページ | 原阿佐緒の風景   宮城 大和町宮床 »

2009年9月16日 (水)

歴史街道  会津若松市 小谷平沢の家なみ

 会津シリーズラストです。国道121号を北上し、会津若松市に入るとすぐ、国道脇にきれいな集落が見え車をUターンさせて入りました。国道に接する道路は5mほどのせまい道です。国道からの離れは20mほど、多分こちらが旧道で国道は付け替えたのでしょう。

11_2 

数えたら11戸でした、背後の山には住吉神社があります。いずれも伝統的な姿をとどめながら改築されています。国道に沿う小集落は市街地に入るまでいずれもこのような風景を見せてくれます。住んでいる皆さんは日常のあたりまえの風景でしょうが私の目からはその美しさは唖然とするばかりです、宮城ではこのような姿は見られないのです。

すごいなあ、会津の人々。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックをお願いいたします。

用紙はF8、絵具はラウニーです。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

|

« 歴史街道 会津 かやぶき屋根の駅 湯野上温泉 | トップページ | 原阿佐緒の風景   宮城 大和町宮床 »

コメント

このところ会津地方が描かれていて、嬉しいですね~!
↓ の駅舎も、道路から下の方に眺めたことがあります。
何となく、女性の駅員さんが居られるに相応しいですね。
下に下りて見るべきでした。
西郷から甲子トンネルを抜けて、下郷に入ると本当に景色がガラッと変わるように思います。多分、屋根の傾斜が急なのだと思いますが・・・
国道から旧道に入ると、素敵な景色に出会えるのですね。
今度機会を見て出かけてみたいと思います。

投稿: yoshiko | 2009年9月17日 (木) 15時37分

yoshikoさん、こんにちは。
 季節が夏から秋になったので会津シリーズはこれでおしまいです。
 会津若松市から南のいわゆる日光街道沿いでは山と里の素敵な風景を見ることができます、ぜひおでかけ下さい。

投稿: 杜しま | 2009年9月17日 (木) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/31402714

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史街道  会津若松市 小谷平沢の家なみ:

« 歴史街道 会津 かやぶき屋根の駅 湯野上温泉 | トップページ | 原阿佐緒の風景   宮城 大和町宮床 »