« 谷間の雪景色    東根市悪戸 | トップページ | 雪うさぎと桃畑   福島県伊達市 »

2010年1月14日 (木)

谷間の雪、残光   山形県東根市悪戸

 また荒れ模様の天候になりました。南のほうでも雪が降り慣れない人々が滑っているようです。

9_2

 

 前記事に引き続き同じ視点からです。時間を少し送って夕方の風景にしました。西向きの谷間の夕暮れ、一瞬の残光です。

 スケッチは「現場で描かなければ空気感や臨場感が出ない!」と言われることもありますが、この季節の零下の屋外では不可能ですしこんな光の状態はせいぜい10分。写真と記憶で描くしかないです。

 この風景は好きなので雪がとけ、サクランボの花が咲き始めたらまた描いてみるつもりです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックをお願いいたします。

用紙はF6です。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

|

« 谷間の雪景色    東根市悪戸 | トップページ | 雪うさぎと桃畑   福島県伊達市 »

コメント

すごい高級紙を使ってらっしゃるんですね!
豊かな情感を出すためには、そうしたことも大事なんだと、今更ながらに勉強させてもらいました。多謝です。

投稿: てくてく | 2010年1月14日 (木) 14時19分

てくてくさん、こんにちは。
 いえいえ、分かったようなことを言ってしまいました。てくてくさんのような名人にごらん頂いて恥ずかしいです。こちらこそいつも参考にさせていただいております。
 以前はあまり気にせず値段で選んでいましたが、市内に常設の展示場(3枚分だけですが)を借りてから細かなできばえが気になるようになりいい紙を使うようになりました。絵はがきにして売ってもいますが原画だと真剣勝負みたいな気がしてます。
 

投稿: 杜しま | 2010年1月14日 (木) 15時22分

先ほど買い物から帰り道、これに近い光景に見とれてしまいました。
町並みと遠くの山々が、まさにこんな感じで、あぁ~、杜しまさんの絵のようだと、暫く寒いのに眺めていました。
家の壁がオレンジ色に輝いて、一瞬夕陽とは思えず、??ッてな感じで・・・。
残光のあたっている家の窓だけ、輝いているのです。
さすがに細かいところまで書き込まれていますね~。
改めてスケッチを拝見しているところです。

投稿: yoshiko | 2010年1月15日 (金) 16時58分

yoshikoさん、こんにちは。
 西向きの谷だとどこでもこんな感じになるでしょうね。
 窓のオレンジ色は、どちらかというと室内の電燈の色のつもりでした。当人よりも深くよんでいただき恐縮です。
 
 ところでハイチの大地震、現政権なにをもたもた、O幹事長の事件のほうが大変なようですが他のアジアの国々に遅れをとってしまいました。神戸の時の村山政権がなにしていいか分からず首相が官邸で立ちすくんでしまったのを思い出します。国のリーダーとしての不慣れが露呈してしまっています。残念。

投稿: 杜しま | 2010年1月15日 (金) 18時18分

こんばんは~
ひゃーーーすばらしい!静かな夕暮れといった感じですね。
雪の中家々の窓のあかりが暖かいですね。
なにげにある赤い車が杜しまさんらしくていいなぁ~。

投稿: ももこ | 2010年2月 4日 (木) 18時39分

 ももこさん、こんにちは、ありがとうございます。
 あんなにお上手なかたにほめていただくととても幸せです。
 今はこちらでは一番寒い時期なのでこの里はもっと雪に埋まっていることでしょう。
 なにか動くものがないとさびしいので昼に見た郵便やさんの車を入れました、実際にはこんな時間にはいないのですが。

投稿: 杜しま | 2010年2月 4日 (木) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/32978221

この記事へのトラックバック一覧です: 谷間の雪、残光   山形県東根市悪戸:

« 谷間の雪景色    東根市悪戸 | トップページ | 雪うさぎと桃畑   福島県伊達市 »