« 開高忌によせて | トップページ | 開高 健師のアンバサダー »

2010年12月12日 (日)

開高忌によせて 旅の終焉 「静かなることを学べ」の図

 師のテレビのドキュメント作品として遺作となった885月から6月にかけてのスコットランド釣行からの絵です。

6_2

 英国の元首相のヒューム卿からの招待で卿の城内のプライベートリバーでの釣りから釣聖アイザック・ウオルトン(15931683)が愛した川でのフライフィッシングが収録されています。ここでの開高師はかってのように煮えたぎることもなく卿の前に緊張かつ恥ずかしそうに現われます。釣り姿も伝統の正装でした。

でも結局まったく釣れずさびしそうに帰路につきました。

ウオルトンは「釣魚大全」とともに「おだやかなることを学べあるいは静かなることを学べ」と訳されている言葉を残しています。でも具現した雰囲気を持つ釣り人を見たことはありません。

師はこの後中国とカナダへ出かけ翌89年12月にガンのため亡くなりました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリック応援をお願いいたします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

|

« 開高忌によせて | トップページ | 開高 健師のアンバサダー »

コメント

別世界・外国での釣りの醍醐味を味わう・
色々な釣りキチがいるものですね。
こちらも本州から四国へと、海を渡ったけど。
それでももっと近くでと願いたいです~

投稿: kayo | 2010年12月12日 (日) 11時06分

kayoさん、こんにちは。
 開高師の釣行は持病をかかえてけっこう辛いものだったようです。遊びを仕事にしてしまったからでしょう。釣れない恨み節のほうが多いです。
 そろそろ年の瀬です、気分がなんとなく落ち着きません。

投稿: 杜しま | 2010年12月12日 (日) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/38045056

この記事へのトラックバック一覧です: 開高忌によせて 旅の終焉 「静かなることを学べ」の図:

« 開高忌によせて | トップページ | 開高 健師のアンバサダー »