« 西蔵王のオオヤマザクラ | トップページ | 津波に耐えた井土の松  仙台市若林区井土 »

2011年3月30日 (水)

土佐和紙にヒガンザクラ   仙台市太白区梨野

 仙台市内の大部分では全国からの支援で日常生活が戻ってきつつあります。でもガソリンの入手難は変わらずでスタンドには長い車列が続いています。市内ではタンクローリーを見かけるようになったので間もなく解消されるのを期待しています。

7 

 日本画用の和紙に興味を持ち画材店のおすすめで買った土佐和紙を使って知り合いの敷地にあるヒガンザクラの古木を描きました。見える範囲は山以外あらかたその人の所有地です。所有者もいつからあるんだか分からないといっている古木です。

 ここは奥羽山脈から指のようにのびて来る丘陵地にあり市内よりも少し春が遅く4月なかばに梅とサクラがいっしょのこのような風景が楽しめます。

 土佐和紙は厚手で水に強く、塗り重ねをしていっても波うちもなく水張りの必要もないほどです。地色がかなり濃いので白い梅の表現には胡粉が必要です、絵具は洋紙に使うと華麗な発色をする吉祥の水性絵具ですがとても地味な発色になりました。なるほど吉祥本来の色はこれなんだなと認識しました。

 用紙サイズはF6相当です。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

|

« 西蔵王のオオヤマザクラ | トップページ | 津波に耐えた井土の松  仙台市若林区井土 »

コメント

土佐和紙、それは興味深いですね。
地色が濃いのは私としてはOKなんですが。。
にじみ具合が気になります。

スタンドに並ぶ列は異様ですね。
夜も無人の車が列を作ってますし^^
わたしの車も燃料が欲しいんですが
今週こそ普通に給油できますようって思いつつ、
やはり日数かかりますね。

投稿: エミ | 2011年3月30日 (水) 23時41分

エミさん、こんにちは。
 土佐和紙、例の画荘さんでのおすすめです。ドーサ処理がきっちりされているのでにじみはありません。
 難を言えばお高いことです、F8号サイズで1枚千円弱、アルシュの倍します。
 画荘さん再開しましたかねえ、この間前を通ったときはこれは大変そうだなという感じでした。

投稿: 杜しま | 2011年3月31日 (木) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/39417493

この記事へのトラックバック一覧です: 土佐和紙にヒガンザクラ   仙台市太白区梨野:

« 西蔵王のオオヤマザクラ | トップページ | 津波に耐えた井土の松  仙台市若林区井土 »