« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月28日 (木)

7弁のコブシと北国の春   泉ヶ岳

 仙台市内北部でもコブシとソメイヨシノが同時に散り始めました。まだシダレザクラの紅色の花が元気です。

20

 仙台の郷土風景をイメージするとき泉ヶ岳の姿は欠かせません。それほど高い山ではありませんがすそを長くひいた美しい姿を見せています、うちからも少し歩くと良く見えます。

 庭のコブシの花を観察していたら、いくつか7弁のものを発見しました。ふつうは6弁ですがなぜか7弁あり、これは四つ葉のクローバーみたいなことで幸運の前兆かなと思い絵にしました、現地で咲いていたのは当然6弁でした。風景は市街地の北端からの泉区実沢の田園地帯です。

 似たような花でハクモクレンがありますが私はちょっと遠慮がちに咲くコブシが好きです。

用紙はアルシュ細目、51×36cm、絵具はターナーです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

一目千本桜の春   宮城県大河原町 白石川

 今年も桜は咲いてくれました。好天の今日はどこへ行っても美しい春景色を楽しむことができます、県南では散り始めていますが県北のお花見はこれからです。

17

 白石川の堤防に植えられたソメイヨシノが一目千本桜と呼ばれています。今年のサクラ祭りは行われませんでしたがたくさんの人々が花の散歩を楽しむことができました。

 何回か訪れているところで、JR東北本線の船岡駅で下りて大河原駅までの堤防の上の道はまだ白く輝く蔵王連峰を眺めながらの贅沢な散策路になります。小さな魔法瓶に燗酒をつめて道々いっぱいやりながら歩いていくと終点につくころはかなりできあがってきます。

 用紙はアルシュ荒目、61×46cm、絵具は吉祥です。枝を省略して花だけ描きました、また春らしく色を濃くしすぎないように気をつけながら塗りました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

石巻の黒松 なんと強い!!  石巻市南浜町

 調査活動の際に石巻市の被災地で見た黒松の姿です。

14 

 描いてはみたもの、この周辺の被害のすさまじさにUPすべきかどうか迷っていました、瓦礫の下にはまだ亡くなった方がおられるはずです。

今日聞いていた地元局のAMでこの松のことが取り上げられました、海からの至近距離で津波を受けながら見渡す限りの瓦礫の荒野の中に雄々しく立つ姿はいろいろな人に勇気を与えているようです。

 小さな神社の杜だったとのこと、お宮はさすがに消えていましたがその守護の黒松はしっかりと根を張って立っていました。

 立ち向かった先陣の一番手前の幹が折れ、次の主力が耐え、後備の2本が折れた先陣の幹を抱いているそんなふうに見えました。大きい幹の一番上にも傷あとが残っています、ここまで津波が来たわけです、黒松の強靭さに改めて脱帽です。

 前の記事でその勇姿を紹介した、井土の松、荒浜の松に続き3枚目ですが、この石巻の松には思わず手を合わせました。

Kk 中央部に見える松です。自衛隊の皆さんの奮闘で周囲の瓦礫の片付けが進んでいます。(4月22日撮影)

 用紙はアルシュ、51×36cm、絵具はレンブラントです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

母校のサクラとセピアの記憶  仙台市立東六番丁小学校

 今年410日に小学校の卒郷以来初の同窓会が開かれる予定でしたが震災のため延期になりました。 その時に配ろうと思ってイメージを作っていた絵を仕上げました。通った頃の校舎の記憶と校庭の今のエドヒガンをあわせました。

16 

 今年開校138年になる古い小学校です、私たちはその中間から少し現在に寄ったあたりに学びました。宮町という古い商店街にあり同期には、せんべい屋の○○、薬屋の○○、お屋敷の○○などいろんな家の子がいました。

 校庭の中央に樹齢380年と言われるエドヒガンの大木があり学校のシンボルです。一時樹勢が衰えましたが復活し毎年見事な花を見せてくれます。周囲にはその子孫が育ちこの季節は花の学校になります。毎年サクラ祭りが開かれていましたが今年は中止のようです。

 用紙はワットマンF8、絵具はターナーです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

春の里にウメが盛り   宮城県大郷町

 仙台も春が盛りになりました、暖かくてなにかと助かります。

13 

 大郷町(おおさとちょう)、仙台市の北東方向にある、ゆるやかな丘と農地を持つ小さな町です。アイデアマンの町長による個性的な町づくりが進められなにかと話題の多いところでした。

 石巻市への取材の際に渋滞を避けるつもりで内陸部を迂回していたときに見かけた風景です。こじんまりとした農家の前に畑がありウメが盛りでした。ここは大きな被害の様子は見えずのどかな春景色を見ることができてほっとしました。

用紙はWワトソンF6、絵具はシュミンケです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

35日ぶりの湯上りビール

 今日ついにガスが来ました。付近で補修工事が盛んだったので間もなくだろうとは思っていました。まだ不自由な暮らしをしている方々も多く申し訳ないと思いつつ風呂を沸かして入りました。

 湯上りに缶ビールをぷしゅっ、うー しあわせ!

 いまビールが品薄で量販店でも棚はスカスカで選べる状態ではありませんが、とりあえず第2だろうが第3だろうが贅沢を言っているときではありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

よみがえって下さいイグネの里   仙台市若林区南長沼

 イグネとは居久根と書きます、屋敷林のことです。平地の農耕地の中に点々と散らばる風景は仙台平野の原風景となっています。機能的には冬の寒風を防ぎ、燃料や果実を提供し、屋敷の建替えの時には用材になるという多用途があります。その四季の美しさはNHKの特集にもなるほどでした。しかしその半分以上を津波が襲いました。

10

災害調査の際に見たところです。絵を描くのもこうしてUPするのもためらいました。 でも報道写真とは異なる視点から悲しい状況を伝えるのも絵描きの仕事かと思いました。描いていて涙がこぼれて描けなくなることたびたびでした。

絵の視点の背後は瓦礫と泥の海です、せめてここから先、なんとか仙台平野のふるさと風景が残って欲しいと思います。風景学の立場にある者としてなにができるのか、まだ手探り状態ですがなにかをしなければなりません。

残された車たちが 「おーい、そこで横になってるの、おらあこんなとこに上げらってしまっただあ、おら なんか神様に不調法したんだべか」、 「おらもなんだかわがんね、勝手に波乗りさせらってこんなこった、おらもなんも悪さしたことねんだけっとなあ」、「もう少し走れたんだけっとも、これでおらたち きまり(おしまい)だっちゃ」、「うめえことリサイクルしてもらったらどっかで会えっかもな」、「んだんだ」

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

用紙はアルシュ荒目45×30cm、絵具はターナーです。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

特大の余震

 7日の夜中、特大の余震でひと騒ぎでした、宮城県沖の海底がぐしゃぐしゃになってるような気がします。

 当人・家族とも無事です。

 少々慣れっこになっていましたがまた電気も水ないい生活かと覚悟しました、さっき電気が回復しました。水はいつもより水圧が低いような気がするので汲み置きしました。

  本棚の本がまた落ち、PCモニターも机の下に転げ落ちましたがずれた周囲の枠をパチンパチンとはめたら使えるようになりました。よしよし。

 30年来家で行っていたささやかな対策でしたがかなり有効でした。前震災でも後片付けは半日で終りました。今回は2時間でした。

4  本棚には紐張り。

5  独立本棚はL型金具ネジ止め。

6  観音開きの戸には簡易かんぬき。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

驚異の耐久力、荒浜の松  仙台市若林区荒浜

 ガソリン不足もようやく解消しましたが、これまでの停滞の反動で大変な渋滞が発生しています。

 市内の調査活動の中で、前記事の場所から北へ約2km、集落全滅状態の荒浜から少し離れた田のなかに小さなお宮が何事もなかったかのように残っていました。少なくとも数メートルの高さの津波が来たはずなのになんで?

3

 よく見ると手前がわずかに高くなっています、ほかの事例から見てこれが船のへさきのように水を分けたのではないかと考えられます。

 押し寄せる流木などから数本の黒松がお宮を守ったようです、外側の2本の黒松の幹には傷跡が生々しいですがその付近には同じくらいの大きさの赤松が転がっています。たぶんこの黒松が流れてきた赤松を弾きとばしたのでしょう。その強靭さには驚嘆です。まるで東大寺の山門の2体の仁王さんのように感じました。これからしばらくの間この黒松たちの様子を見ていきます。

 この近くの村が横綱谷風の故郷です、仁王のようになった谷風と雷電がならんで 「ん、流木か、どすこい!突き押し!!」なんてことを想像してしまいました。

 左下に折れた電柱の鉄筋がうねっています。鉄筋コンクリートの電柱からコンクリート部分だけを抜きさった水の力はいったいどんなものだったのか想像もつきません。

用紙はワットマンF8、絵具はシュミンケホラダムです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

津波に耐えた井土の松  仙台市若林区井土

 市内の調査で仙台市での沿岸部の被災地に行きました。緑豊かだった海岸林もほとんど消滅し見渡す限りの瓦礫と海水の荒野になってしまいました。

1

 調査を終えてから、私が好きだった地域のランドマークのクロマツはどうなったかと思いだしあったところに行ったら健在でした。幹には流れてきたものを受け止めた傷がありましたがしっかり根をはり変わらない姿を見せてくれました。お見事!!と思わず幹をなでました。周囲の集落は全て廃墟と化した静寂の中に負けてたまるかと言っているようでした。

 周囲のアカマツは根こそぎ流れてしまいましたがこのクロマツは根の張りがよくしかも樹高が低いのがよかったのでしょう。まわりは全て海水で満たされていますが塩には強いクロマツですからきっとこれからも生きて地域を見守ってくれることでしょう。

 用紙はWワトソンを45×26cmに切りました、絵具はシュミンケホラダムです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

 

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »