« 小さな城下町の駅羽後亀田  由利本荘市岩城亀田 | トップページ | 秋といえば芋煮会   仙台市 広瀬川 »

2011年11月14日 (月)

小さな山の駅、折渡   由利本荘市岩城

 前記事の羽後亀田駅から南へ、折渡(おりわたり)という名の小さな駅がありました。駅の前には家が3軒あるだけでなんとものどかな風景でした。

5

 駅ができたのは1957年に信号所としてでき、1987年に旅客扱いを開始しましたが乗り降りする人がいるのかしらという感じで、普通列車すら大部分は通過し朝夕に上下あわせて数本が停まるだけです。この先の峠に折渡千体地蔵という名所があるのでそこを狙ったのかもしれません。

 線路は由利本荘市へ、道は正面の峠を始めとしていくつかの低い峠を越えて行くとやがて横手市に至ります。B級グルメの横手やきそばを食べようかと思って寄りましたが時間が悪く食べ損ねました。

 用紙はワットマン 47×17cm、絵具はレンブラントです。

 レンブラント絵具でひとつ事件がありました。ハーフパンの36色セットを使っていますが、赤系統の隣同士の2つのケースの色が同じ発色なのを発見、でも包装紙を調べると別番号、しかもあやしいことにプラケースには必ず打ってある色番号表示がこれだけない。で、いつもの画材店に行って確認、在庫のひとつの包装紙をためしに剥いたら同じことでした。現在輸入元まで遡って調査中です。いつも一枚描きあげるとパレットをきれいに洗ってから次のに移るようにしているので発見できました。このレンブラントのセットは購入したての時に同じ色が2個入っていました、これはすぐ交換してもらえましたがなんか管理があぶないです。値段もほどほどでいい色なんですが。

 あと最近はチューブタイプを併用することが多くなってきましたが、緑系のある色で同じ色番号のハーフパンとチューブで明らかに発色が異なるのがあり驚きました、でもこれは自分の色のバリエーションがひとつ増えたなということで許せますはい・・。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

|

« 小さな城下町の駅羽後亀田  由利本荘市岩城亀田 | トップページ | 秋といえば芋煮会   仙台市 広瀬川 »

コメント

こんばんは、
私も横手焼きそばや現地での稲庭うどんとか食べてみたいと思いつつ、
なかなか適わないでいます^^
絵の具、気が付いて良かったですね。
画材やさんにとっても。

明日から8ヶ月遅れでソウル旅行です、
といってもすぐ戻るんですが行って来ます♪

投稿: エミ | 2011年11月14日 (月) 21時27分

エミさん、こんにちは。
 横手市の駅前に行ったんですが、誰も歩いていないんです、さびしいですね。

 以来手持ちの絵具の自分のカラーチャートづくりをしています。パレットぐちゃぐちゃはやめたほうがいいようです。レンブラント、シュミンケ、ラウニーと150色、疲れて一休みです。手強いのはW&Nで印字が小さくて読めないです。まだ3メーカー200色残っています。

 旅行楽しんでくださいね、辛くておいしいものがたくさんあるそうですね。

投稿: 杜しま | 2011年11月14日 (月) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/43009107

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな山の駅、折渡   由利本荘市岩城:

« 小さな城下町の駅羽後亀田  由利本荘市岩城亀田 | トップページ | 秋といえば芋煮会   仙台市 広瀬川 »