« 秋色あざやかに   山形市高瀬 | トップページ | 被災地にも少し明るさが出てきました  仙台市若林区竹野花 »

2011年11月27日 (日)

秋と冬が同居する季節  宮城県川崎町笹谷

 1121日に山形市への通勤途中の高速道路から、まだ紅葉の残りがある晩秋の木々とすぐ上の峰が雪化粧をしている不思議な風景を見ました。笹谷峠に近くなると雪がちらちら降り、道路は融雪材で濡れて、制限速度は50km、この冬初の雪景色ドライブになりました。

16_2

 秋と冬が同居する風景をどう表現しようか、ここは日本画のような描き方をしようと考え、グレーの紙にガッシュをニカワと水で溶きながらとろとろ状態で描きました。空を銀で塗ったので見る角度により黒い雪になったり白い雪になったりする面白い発見をしました。

17_2 空の銀の反射で降る雪が黒く見えます。

 用紙はキャンソン・ミタント54×36cm、絵具はホルベインのガッシュです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

|

« 秋色あざやかに   山形市高瀬 | トップページ | 被災地にも少し明るさが出てきました  仙台市若林区竹野花 »

コメント

幻想的な風景ですね。銀の空が秀逸です。
錦模様の秋から冬への移行。
華やかさと厳しさが同居する夢のような一瞬ですね。

投稿: てくてく | 2011年11月27日 (日) 17時35分

てくてくさん、こんにちは。
 ハンドルを握りながら、見たこともない幻のような風景なのでスピードを落としてゆっくり走っていたら後ろの車からぶうぶういわれてしまいました。
 空を描くのに岩絵具は高価なのでガッシュで代用しましたが案外うまくいきました。

投稿: 杜しま | 2011年11月27日 (日) 18時04分

すごい!幻想的な風景。実際にも見たいけれど、社しまさんの絵で堪能することにします。

グレーの紙に膠とガッシュって、すごい工夫ですね。実際の絵を見たら絵肌の表情がもっと面白いんでしょうね。

私も最近、イリデッセントメディウムというキラキラパール入りのメディウムを混ぜてクリスマスカードにしましたが、パソコンでは全くつたわりません。ここは、ネットの限界をかんじるところですね。

また冬景色、楽しみにしています。大阪は二月に一瞬降るくらいですので。

投稿: KUROKAWA | 2011年11月27日 (日) 21時23分

KUROKAWAさん、こんにちは。
 実際に見た風景なので力が入りました。
 地色は青色まじりのグレーなのでチャコールグレーといったところです。
 空の色以外にも、隠し味程度にパールゴールドやパールホワイトなどのキラキラ系を使用しています。とはいってもやりすぎると嫌味になってしまうのでほどほどにしました。
 キラキラ系はクリスマス系には有効でしょうね。
 

投稿: 杜しま | 2011年11月27日 (日) 22時23分

これはリアルで感動したからこそ描ける色合い、
うなってしまいました。
雪山に紅葉、また良いシーンに出逢えましたね。

投稿: エミ | 2011年12月 1日 (木) 13時03分

エミさん、こんにちは。
 高速道路からわき見運転しながら見た風景なので今週確認したら山の形は少し違っていました。雪はすっかり消えていました。
 めったに見られないすごい風景でした。
 山形側も同じような風景がありました、忘れないうちに描こうと思っています。
 

投稿: 杜しま | 2011年12月 1日 (木) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/43160082

この記事へのトラックバック一覧です: 秋と冬が同居する季節  宮城県川崎町笹谷:

« 秋色あざやかに   山形市高瀬 | トップページ | 被災地にも少し明るさが出てきました  仙台市若林区竹野花 »