« 名峰鳥海山の秋   山形県遊佐町 | トップページ | 月下岩手山   八幡平アスピーテライン »

2011年11月 3日 (木)

おくのほそ道最北の地でざっこ釣り  にかほ市象潟

秋田市への道中、古刹蚶満寺(かんまんじ)を後にするころは日が傾きつつありました。寺の前にりっぱな用水路が道路わきをゆったりと流れていました、雑魚釣りにはちょうどいい深さや流れ具合。

2_2

いつも車に積みっぱなしの渓流竿でご飯粒をつけてのちょい釣りをしました、ツンツンというあたりはありますが針がかりまではしません、たぶん口の小さいモツゴかタモロコでしょう、ヤマメやイワナ用の針では大きすぎです。いっとき遊んで明るいうちに羽後本荘へ向かいました。

「象潟や 日は短くて ざっこ釣り」 杜しま翁

用紙はワットマン 57×30cm、絵具はレンブラントです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

|

« 名峰鳥海山の秋   山形県遊佐町 | トップページ | 月下岩手山   八幡平アスピーテライン »

コメント

小さい針があればよかったですね。
たまにこんな釣りをしたくなります。
ご飯つぶとか、魚肉ソーセージを餌にしたりして。

投稿: anago | 2011年11月 6日 (日) 07時54分

anagoさん、こんにちは。
 短い時間山水画の風情をまねしてみました。大きい水路なので大物もいそうでした。

 いまどきの魚さんにはご飯つぶはいまいちですが魚肉ソーセージはよさそうですね。防波堤でも使えそう。

投稿: 杜しま | 2011年11月 6日 (日) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/42826447

この記事へのトラックバック一覧です: おくのほそ道最北の地でざっこ釣り  にかほ市象潟:

« 名峰鳥海山の秋   山形県遊佐町 | トップページ | 月下岩手山   八幡平アスピーテライン »