« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月25日 (日)

枯野に残菊の彩り  宮城県川崎町前川

今月はじめ山形への通勤コースにしている田舎道で見かけたちょっと暖かい枯野の風景です。

10

 蔵王おろしの寒風が吹くまでの少しの間を利用して大根抜きをしているお年寄りの姿に温かさを感じました。畑にはまだネギや大根、ニンジンなどが残っていますがきっとお正月用のやどりものでしょう。

 用紙はワットマン56×28cm、絵具はレンブラントです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

今年はホワイトクリスマスの予感  仙台市泉区朴沢

このところ毎日雪が降ります。週末にかけてもっと寒くなるとのこと、クリスマスは寒いホワイトクリスマスになりそうです。

9

30年くらい前にクリスマスイブ豪雪という事件があり送電線が切れ市内が何日か停電したことがありました。午後急に重い雪が降り出して長靴でも歩けないほどの積雪になりりました。道ばたにクリスマスケーキの箱がいくつも転がっていました、交通機関がマヒした中、革靴のおとうさんが歩いて帰ろうとしたけれど滑って転んで「もういい!!やめた!!」」。

そんななかをかみさんが予約していたケーキを取りに行き、5kmの道をもと国体選手の体力にものをいわせて雪中行軍で運んできたあちこち潰れたクリスマスケーキが懐かしいです。

今年はそんなことがないようにと祈って描きました。

用紙の名前は忘れましたが厚手の色紙で細かい縦模様が入っています、70×28cmにカット。絵具はホルベインガッシュです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月18日 (日)

クリスマス

 時の流れは間違いなく過ぎ今年もクリスマスはやってきました。

Img477_2

あまり得意ではありませんがしばらくぶりではがきのサイズで描きました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

夢は枯野をかけ廻る

 芭蕉の最後の句の一節です。自分も最近こんなふうな夢を見ることがあります。風景のイメージは蔵王です。

7 

40代のころは250ccオフロードバイクにまたがりこんな野道や林道を駆けめぐっていました。ヘルメットもブーツもモトクロスレースに出られるような装備でバリバリでしたが今ではスーパーカブ(いちおう一番大きい110cc)の街乗りおやじであります。

 ・

用紙はキャンソン・ミ・タントのグレー色を半分にカット、55×37cmです。絵具はクサカベの半透明を主にして空の金色はアキーラ、ホルベインガッシュのパールゴールドやシルバーをほんの少し使いました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

北の秋、みのりを添えて   岩手県前沢町(現奥州市)

  ここを訪れてからもう2ヶ月、あまり季節がずれないうちにUPします。

5_2

 平泉を後に北上川の左岸に沿って県道を北上していくとなんともおだやかでしかもけっこうめりはりのきいた風景がひろがります。

 自然乾燥のはさがけ(地方によって呼び名が変わります)が並んで立つ姿はおいしいお米を想像させます。こうすると稲のうまみも穂に行きうまさが増すそうです。

 今回新しい用紙に挑戦しました。ドイツハーネミューラー製のセザンヌという紙です、先月市内の青葉画荘さんで永山裕子さんの展示会とライブが行われた際に紹介されました。お店から使ってみてと頂いたものです。絵具は永山さんにならってシュミンケのチューブタイプを使用しました。濃厚な永山さんの描き方とは異なりますがきれいに塗れました。お店にこんなふうに描けましたと見せに行ったら、レジにいたお客さんが「まあ、きれい」。

 乾きは早めで絵具との相性か同じドイツ製ということからか発色は見事です。思い通りの色が出せました。絵具の吸い込みがよく、じゃじゃ馬アヴァロンのように紙の上で漂ってしまうことはなくすっと落ち着いてくれます。反面ワットマンのようにウオッシュ加工はききません。

発色のよさはワットマンより少し上、丈夫さはアルシュなみというところです。いい紙です、値段は中判300gで定価1300円とチョイ高めですがそれだけのことはあります。

 で、お店に行って「残り全部下さい」、中判102割引+タイムサービス価格でゲットしました。

サイズは中判を半分にカットした56×38cmです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

被災地の小春  仙台市若林区種次

3

 11月はじめの小春日和の日、被災地の調査の際に見かけました。がれきが片付ききれいになった地区に津波に襲われながらも無傷の小さなお宮と骨組みと屋根がしっかり残る家。暖かな小春日和の一日、仮住まいから戻り庭先に机といすを出して話をしているお年寄り3人とお孫さんらしい子供が遊んでいました。たぶん家の再建の予定か何かの話でしょう。

 かっては周囲にたくさんの家があったのにすっかりなくなってしまいましたがこの家は残っています、 代々守ってきたお宮のご利益でしょうか。

 用紙は、厚さ2mmのマット切り残り利用の48×25cm、絵具はレンブラントです。にじみ止めのドーサをひいたら水弾きが強くなりすぎてフラットな色塗りができませんでした。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

4  330日のこの付近すこし西です。大きくする気にはなれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

冬近し日本海  秋田県由利本荘市 出戸

 ここを訪れてからもう50日過ぎてしまいました。年をとると時間が飛んでいくのが早いです。

2

秋田県南部の海岸沿いの国道7号からちらっと見えた海沿いの小さな集落に感ずるものがありUターンして寄りました。出戸(でと)という名の集落で集落内にあった解説板によると、中世以来の古い集落で藩制期には交通と海上監視の要地だったとのことでした。今でも国道7号、JR羽越本線が左の高台を通っています、集落の中の細い道は旧羽州浜街道です

  雨上りのせいで海からの風が強く帽子を吹き飛ばされてしまいました。これが冬だったら大変な状況です。家や畑には海に向かって風除けの塀がまわされ冬の雪風対策の大変さが伝わります。

酒田から秋田への集落を見ているとどこへ行っても黒い屋根瓦のしっかりとした造りの家が大部分です、赤や青の太平洋側とはずいぶん風景が異なります。

 用紙はワットマン 50×35cm、絵具はレンブラントです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

被災地にも少し明るさが出てきました  仙台市若林区竹野花

 継続的に仙台市内の被災地をまわっています。主に屋敷林や植物がどう変化していくかを観察しています。

1_2

 その中で、絵の中の地元のお年寄りに声をかけられました。「うちが壊れたのを市できれいにしてくれた、もう80も過ぎたのでもとの屋敷のように大きいのはいらない、小さい家を建てようと思って息子と色々考えている。ほかのうちも見かけは大丈夫そうだが中はひどいもんだよ。「天気のいいときは仮設にいてもひまだから自分の土地に来て話をしてると気がまぎれていいんだ」、「うちの土地にバスの待合所を作ったが壊れたので市交通局で直してくれないかなと思っている、つてがあったら写真を撮って伝えてくれないかな」などなど。表情がとても明るいのが印象的でした。

 用紙はワットマン 45×18cm、絵具はレンブラントです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »