« 秋と冬が同居する季節  宮城県川崎町笹谷 | トップページ | 冬近し日本海  秋田県由利本荘市 出戸 »

2011年12月 1日 (木)

被災地にも少し明るさが出てきました  仙台市若林区竹野花

 継続的に仙台市内の被災地をまわっています。主に屋敷林や植物がどう変化していくかを観察しています。

1_2

 その中で、絵の中の地元のお年寄りに声をかけられました。「うちが壊れたのを市できれいにしてくれた、もう80も過ぎたのでもとの屋敷のように大きいのはいらない、小さい家を建てようと思って息子と色々考えている。ほかのうちも見かけは大丈夫そうだが中はひどいもんだよ。「天気のいいときは仮設にいてもひまだから自分の土地に来て話をしてると気がまぎれていいんだ」、「うちの土地にバスの待合所を作ったが壊れたので市交通局で直してくれないかなと思っている、つてがあったら写真を撮って伝えてくれないかな」などなど。表情がとても明るいのが印象的でした。

 用紙はワットマン 45×18cm、絵具はレンブラントです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

|

« 秋と冬が同居する季節  宮城県川崎町笹谷 | トップページ | 冬近し日本海  秋田県由利本荘市 出戸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/43216740

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地にも少し明るさが出てきました  仙台市若林区竹野花:

« 秋と冬が同居する季節  宮城県川崎町笹谷 | トップページ | 冬近し日本海  秋田県由利本荘市 出戸 »