« 鎮魂の夜明け    松島 | トップページ | 冬景色    宮城県川崎町小野 »

2012年1月 5日 (木)

雪やこんこ   山形市岩波

 2    

雪  文部省唱歌

 雪やこんこ 霰やこんこ

 降っては降ってはずんずん積る

 山も野原も綿帽子かぶり

 枯れ木残らず花が咲く

 2番では“犬は喜び庭駆けまわり”とありますが最近ではそういう野生的な飼い犬は見ません、みんなこたつで丸くなるようです。

 日本のうたのなかで雪や冬のうたが少ないのに気がつきました、春や秋のはすぐ思い出せるのですが。

「冬景色」という文部省唱歌もありますが歌詞を読むと、小春日とか時雨などの晩秋の季語があるので冬ではないのが分かります。

 ・

用紙はアルシュ 50×35cm。絵具はレンブラントです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

ーなぜか下のスポンサーサイトの表示と外枠がずれていますー

|

« 鎮魂の夜明け    松島 | トップページ | 冬景色    宮城県川崎町小野 »

コメント

あけましておめでとうございます、
今年もよろしくお願いいたします。

そうですね、犬も今は寒がりかもしれないです^^
こうして拝見すると雪国の冬にも色があるものですね、
同じ日本でも南とはまったく色味が違って、
絵になると面白いです。
今年もたくさん絵を描いて魅せて下さいね、
私も、改めて水彩絵の良さを実感しています。


投稿: えみ | 2012年1月 7日 (土) 17時44分

えみさん、こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
 雪の中で色を探すのも楽しいです。
 東京から西のほうは常緑樹が多いので冬は特に風景の色が違ってきますね、日本はけっこう広いです。沖縄の3月は海開きですもの。
 この4日間、描いてはありゃーボツ、の繰り返しです。酒飲みながらのせいでしょう。
 

投稿: 杜しま | 2012年1月 7日 (土) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/43630688

この記事へのトラックバック一覧です: 雪やこんこ   山形市岩波:

« 鎮魂の夜明け    松島 | トップページ | 冬景色    宮城県川崎町小野 »