« 寒スズメの早春賦     川崎町 立野川 | トップページ | クリスマスローズ競艶 »

2012年2月21日 (火)

鳥海山   山形県遊佐町

 個展のしめの展示用に描きました。鳥海山の10月半ば中腹まで紅葉が降りてきて年間何日かの絶景です。

11

 この山の姿に魅せられて撮ったり描いたりをライフワークとしてしまう人の話もよく聞きます。

ともにドイツ製のシュミンケとセザンヌ紙の相性がぴったりでした、秋の青空の色がむらなくきれいに仕上がりました。私の場合は青空がきれいに上がれば8割できたようなものです。

 用紙サイズは75×55cmです、大きい紙は仕上がりがそれなりにやった!という気持ちがいいです。1枚売りなのでこのサイズを全紙という人もいますが画材店では中判と分類されています。この倍寸は四六判と呼び全紙という商品はないのです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

|

« 寒スズメの早春賦     川崎町 立野川 | トップページ | クリスマスローズ競艶 »

コメント

個展、ご盛況、おめでとうございます。
今回の作品も壮大ですね。

投稿: てくてく | 2012年2月22日 (水) 09時25分

てくてくさん、ありがとうございます。
 個展が終わったら灸に暖かくなりました。後始末もすみほっとしています。
 この絵は展示の最後のところにイーゼルセットで置きました、みなさん立ち止まって「やまのあなたの空遠く・・」の感をもたれたようでした。
 大きい絵は楽しいのですがおさめる額も値段がはりますし飾る場所も限定されるのがいたしかゆしです。

投稿: 杜しま | 2012年2月22日 (水) 10時56分

空も月も、過去に悩まれただけあって 
この間の個展で拝見する限りではほぼ完成されたんでないでしょうか。。
山の色がきれいですね〜
実際にこのような絶景にお目にかかったことないんですが
伝わって来ます。

ハガキ、ありがとうございます。
毎日作品創りに追われて、
今朝方はうなされて目を醒ましました(笑)

投稿: エミ | 2012年2月24日 (金) 22時22分

エミさん、こんにちは。
 いえいえまだまだ道遠しです。もっともっという人間の業でしょうか。で、結局「夢は枯野をかけめぐる」ことになるのでしょう。
 この風景の中を走ってにかほ市、由利本荘へと行ったしあわせな昨秋が思い出されます。
 作品への思い入れ強いんですね、見せていただくこと楽しみにしています。

投稿: 杜しま | 2012年2月24日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/44209194

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山   山形県遊佐町:

« 寒スズメの早春賦     川崎町 立野川 | トップページ | クリスマスローズ競艶 »