« 春待ち里  仙台市太白区坪沼 | トップページ | 津波そして鎮守の杜  宮城県名取市下増田 »

2012年3月13日 (火)

津波、奇蹟の狐塚  仙台市若林区荒浜

 4

 震災を受けて1年たちました、連日自分も社会もいろんなことがありましたがなんとか普通の生活ができていることが幸運です。11日は朝からのTVの特番を見ながら涙が流れる1日を過ごしました。もっとも番組もいろいろでうるさいだけの正義派?キャスター、仕事だから来てるんだふうの女性キャスターなども散見、さめてしまう時間もありました。

 造園家の立場から継続的に市内の被災地の樹木たちを観察しています。市内の荒浜地区の北外れにある狐塚のクロマツ達と小さな祠が高さ4mの津波を受けたのに無事に残っています。なぜ残りえたのかなんとも不思議です。神狐の伝承がある塚で、さわると祟りがあるということで県道改良の際にも道路が迂回することで残されました。

しかし残念なことにこの塚を所有し祠を建て維持されていた方は津波にのまれました。

地区の住宅は1軒残らず破壊され、見える範囲も視点の背後も全て災害危険区域に指定され将来とも集落が再建されることはありません。

 がれきが片付き砂に覆われた田んぼの形だけ回復した無念の風景のなかに毅然と立つクロマツ達は津波の傷も癒え、全ての枝葉が上を向いていました。クロマツという生命体の強靭さに敬意を表します。

5  昨年330日に見た際の光景です。

2枚とも用紙はワットマンF8、絵具はシュミンケです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/8ktijslpvq7y

|

« 春待ち里  仙台市太白区坪沼 | トップページ | 津波そして鎮守の杜  宮城県名取市下増田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/44475612

この記事へのトラックバック一覧です: 津波、奇蹟の狐塚  仙台市若林区荒浜:

« 春待ち里  仙台市太白区坪沼 | トップページ | 津波そして鎮守の杜  宮城県名取市下増田 »