« 春よ来い 間もなく   宮城県川崎町前川 | トップページ | 春景色  新しい画用紙 ヴィファール(VIFART) »

2012年4月 4日 (水)

春が来た  仙台市太白区坪沼

 

遅い春が来たと思うと今日は夜半から狂風と雪です。

でもこれが過ぎれば本格的な春になるでしょう。絵は日陰にはまだ雪が残る坪沼の里です。

2_2

“春が 来た

 春が 来た

 どこに 来た

 山に 来た

 里に 来た

 野にも 来た

  

 これから次々と咲く花々を追いかける気ぜわしい日が続きます。

 用紙は昨年マルマンから新発売のヴィファールのF8、絵具はシュミンケです。青空がフラットに塗れるのがいいですがクリーム色の地色があるのでセザンヌやワットマンのようなはっきりくっきりよりもちょっとぼかした穏やかな感じになります。いまどきの野の風景にはちょうどいいです。

 マルマンで出していたコットマンのモデルチェンジですが実売価格が安く(F8,18枚のブックが2700円でお釣りがきます)気楽に使えるのがうれしいです。でも地色が仕上がりに影響を与えるのでどんな対象をどんなふうに表現したいかを考えて選択しなければなりません。絵具との相性も分からないのでまずは私の標準のシュミンケを使いました。

 画材店で聞いたところ、コットマンという名前はフランスのメーカーに商標権があり、その社がコットマンという名前で紙の輸出を始めるそうです。日本製コットマンの在庫もまだあるのでユーザーも販売店も混乱しそうだとのことでした。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

|

« 春よ来い 間もなく   宮城県川崎町前川 | トップページ | 春景色  新しい画用紙 ヴィファール(VIFART) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/44748488

この記事へのトラックバック一覧です: 春が来た  仙台市太白区坪沼:

« 春よ来い 間もなく   宮城県川崎町前川 | トップページ | 春景色  新しい画用紙 ヴィファール(VIFART) »