« さくらがいっぱい  宮城県村田町菅生 | トップページ | オオシマザクラに涙する   仙台市若林区 海岸公園 »

2012年5月 7日 (月)

山里の春が盛り  山形市高瀬

 今年は春が10日くらい遅れ、郊外ではヤマザクラがまだ花を見せてくれています。しかしこのところ季節はずれの大雨や雷、北関東では竜巻まで出現する不安定な毎日です、穏やかな初夏を願うばかりです。

2_2

アニメ映画「おもひでぽろぽろ」の主舞台はここ高瀬です。訪れるたびにいい風景だなあと心豊かにしてくれます。

細い道は旧二口街道で戦国時代には仙台方面への進出をねらった最上勢が何度となく進軍しました。峠を越えた仙台藩の秋保地区にはいまでもその備えのために作られた足軽集落が残っています。

用紙はヴィファールのF8、絵具はシュミンケです。ヴィファールの地色が春景色に良く合い好評でした。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

|

« さくらがいっぱい  宮城県村田町菅生 | トップページ | オオシマザクラに涙する   仙台市若林区 海岸公園 »

コメント

美しい風景です、
絵だけではなくて、
現在進行形で史跡散策しているような、
杜しまさんは研究者でもあるんでしたね。
参考になります。
足軽!しばらく聞いてない名称に一瞬でタイムスリップしてしまいました^^

快調トマト号トヨタIQゴーですか^^
残念ながらまだ路上でお会いしてないかもです、
ずっと篭ってばかりでしたからね。

投稿: おりぶん | 2012年5月 9日 (水) 21時50分

おりぶんさん、ありがとうございます。
 そうですね、里にはそれぞれ固有の時間の積み重ねがありそれを知ることがまた楽しいことです。
 秋保の対最上の最前線は野尻という集落です、秋保大滝のもっと先です。いまでも30戸ほどの家があり市バスも運行しています。
少し前までひなびたおそば屋さんがあったのですが今年は閉店していました、残念。
 トマト号はこまわり感を楽しませてくれています。

投稿: 杜しま | 2012年5月10日 (木) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/45164484

この記事へのトラックバック一覧です: 山里の春が盛り  山形市高瀬:

« さくらがいっぱい  宮城県村田町菅生 | トップページ | オオシマザクラに涙する   仙台市若林区 海岸公園 »