« 新緑の画廊 アクリル絵具初制作  仙台市青葉通り | トップページ | 新緑の光満ちる谷  宮城県川崎町本砂金 »

2012年6月 5日 (火)

夏は来ぬ  蔵王連峰  宮城県川崎町

  “夏は来ぬ” 作詩 佐々木信綱

   うの花のにおうかきねに ほととぎす

   早もきなきて しのびねもらす 夏は来ぬ 

 ・

   さみだれのそそぐ山田に さおとめが

   もすそぬらして 玉苗ううる 夏は来ぬ

 ・

2 

  私の定点ポイント、蔵王連峰の初夏です。5月下旬の風景ですが色と残雪の表現を楽しんでいるうちに野山の緑は色が濃くなって、描きあげたころにはもうすっかり色が変っています。

 手前の野草は、左からカキドオシ、ムラサキサギゴケ、アカツメクサ、シロツメクサ、ハルジオン、キジムシロ、ハナニガナです。名もない草がという言い方をする人がいますが名もない生き物なんていません、自分が知らないだけです。もしあれば新種の発見です。

南蔵王から北蔵王まで描こうと思うとこんな横長でも足りません、そこをなんとかおさめましたがまた課題ができました。

用紙はワットマン77×34cm、絵具はさわやかラウニーですが空だけシュミンケの力を借りました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

/

3

 おととしの6月に描いたものです。紙、サイズ、絵具は同じです。

|

« 新緑の画廊 アクリル絵具初制作  仙台市青葉通り | トップページ | 新緑の光満ちる谷  宮城県川崎町本砂金 »

コメント

雄大な山々の姿、素敵ですね。空の青はシュミンケが良いのでしょうか?アルシュで描くと空の色が沈みます。

投稿: 白いダリア | 2012年6月 5日 (火) 19時22分

白いダリアさん、こんにちは。
 奥羽山系の山々はそれぞれの地域でふるさとの原風景を作って親しまれています。私はこの山並みが好きです。
 シュミンケ(チューブタイプ)の青は青空を薄くフラットに染めることができるので重宝しています。W&Nやラウニーだとなぜかむらが出てしまいます、私の未熟さゆえかもしれませんが。
 紙と絵具の相性は複雑ですが面白いです。アルシュ紙はおだやかでいつも安心して使えます。おっしゃるように乾燥とともに色が沈んでいくようです。ワットマンやセザンヌ、ラングトンなどのようにきっぱりきりりという感じではないですがいい紙です。
 描きたい対象や季節により紙と絵具の相性を考えて選択するのも楽しいことです。

投稿: 杜しま | 2012年6月 5日 (火) 19時57分

そうなんですね。いろいろ組み合わせを考える事も確かに楽しい事だと思います。紙は考えるのですが、絵の具までは考えた事がありません。季節も大事なんですね。有難うございます。

投稿: 白いダリア | 2012年6月 6日 (水) 22時17分

白いダリアさん、こんにちは。
 絵具の成分は化学工業製品の顔料でそんなに違いがあるはずがないしひとつひとつを見るとそんなに違いがなさそうですが、不思議なほど仕上がりの印象が変ってきます。
 またお値段が国産ホルベインとドイツ製シュミンケでとんでもなく違うのが一番不思議です。(ホルベイン48色セット約1万円、シュミンケ24色セット4万円超)ホルベインはきめが細かいしクリアな色が出ます。
 著名なプロの方ですとスポンサー契約もあるらしく浮気はしないようですが私のようなフリーは気楽に楽しめています。

投稿: 杜しま | 2012年6月 7日 (木) 09時45分

サンデースケッチャーには高価な画材はとても手が届きません(笑)

爽やかな色合い!ホント、うっとりして見ています。空気感がたまりません。

投稿: てくてく | 2012年6月 8日 (金) 11時22分

てくてくさん、ありがとうございます。
 まあ肝心の絵を描くことより材料を集めてあれやこれやと理屈を語りたくなるのは設計技術者の性かもしれません、お許しあれ。
 昨日この場所へ行って山の稜線の現場スケッチをしてきました、初めてのエンピツ現場描きでしたがさわやかな風に吹かれながらのよい体験でした。写真だと見えない谷筋や小山の重なりが記録できました。 

投稿: 杜しま | 2012年6月 8日 (金) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/45537383

この記事へのトラックバック一覧です: 夏は来ぬ  蔵王連峰  宮城県川崎町:

« 新緑の画廊 アクリル絵具初制作  仙台市青葉通り | トップページ | 新緑の光満ちる谷  宮城県川崎町本砂金 »