« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

真夏日の泉ヶ岳  仙台市泉区根白石

 今年の8月下旬は連日真夏日が続いています。ダムの水位も下がり節水の掛け声が本格化しています。

14

 前々記事のたなばたまつりの根白石の商店街からわずか200mほど離れるとこんな風景が広がります。泉ヶ岳(1171m)の姿と広い農地、山すその家々は季節ごとに異なる色あいを見せてくれます。

 これまで泉ヶ岳を真正面からのこの構図で描いたことはありません、そのうちいこうと思いつついつも少し脇から描いていました。なにせ広すぎてまとまりがつかないと思っていました。

たなばたまつりのお世話役の高長商店さんのご主人がこういうのがあるといいなあというお話を聞きその気になりました。当然出来上がりとプリントを持参しました、で、ふくろいっぱいの飲み物やらキムチを頂いてしまいました。

用紙はWワトソン75×35cm、絵具はターナーのアクリルジャパネスクを薄めて使いました、でもつい重ね塗りをしてしまいました。空の青と手前の花はターナー透明水彩です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

もうひとつの仙台たなばた-2 泉区根白石

 前記事の根白石のたなばた祭りの方向を90度変えて見ています。

 

10_4


 この祭りのなにからなにまでのお世話役の高長商店(村の総合デパートです)を見ています。前庭では根白石太鼓グループの演奏が行われていました。見たときは女性たちの出番でした。

 

 お店に絵を持ってあいさつに行ったら左端の床屋さんの竹飾りが一等賞だったとのことでした。

 

 小さいながらも城下町、入り口から城山までは4回直角に曲がります、このお店のところで右へ曲がるのが2つ目です。4回曲がると堀代わりの七北田川(ななきたがわ)が行くてを阻みます、なかなか本格的な城下町づくりです。

 

 

 用紙はWワトソン51×21cm、絵具はレンブラント、空だけターナーです。前記事に合わせてF8におさめようとしましたが縦横のバランスがうまくとれないので不定形ですが手持ちの紙を切りました。

 

Ll_2  以前描いたこのお店のお正月初売り風景です。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

もうひとつの仙台たなばた  泉区根白石(ねのしろいし)

ここは泉ヶ岳の山麓に形成された小さな城下町で伊達政宗の祖母が晩年に暮らしました。

8


 地区の皆さんの熱意で30年ほど続いている独特の鉢植えたなばた飾りです。豪華な中心市街地の竹飾りを見慣れていると素朴で可愛らしくたなばた祭りの原点を見るような気がします。毎年100本くらいの手作りの飾りがまちを彩ります。

 

竹は生きた鉢植えですから毎年使うことができここもまた美点です。

 

いろいろなお店のなかから堂々たる看板を掲げた魚屋さんを選びました。絵も文字もしっかり描かれており看板屋さんの腕がなかなかのものであるのが分かります。

 

記事にする前に絵葉書サイズにプリントして簡易額に入れたのを届けたら、大変喜んでいただきお返しにとジュースやコーラいろいろ頂いてしまいました。屋根は新しいなと見ていましたが地震の後に瓦からトタンに葺き替えたのだそうです

 

 

用紙は英ワットマンのF8、絵具はレンブラントですが空の青はターナーを使いました。今はなきワットマンですが発色は文句なしです、保存性が悪くドーサのむらも出る不安定な紙ですがそれを超える美点があります。でも伝説になってしまいました、おしいなあ。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

蔵王連峰盛夏をアクリルで描く  宮城県川崎町

入手して3か月なかなか出番がなかった米国製アクリル絵具ゴールデン24色セットの封を切りました。これまで経験したことのない鮮やか色になりました、夏色にはよく合います。

2_2


 人目を引きそうなので個展の際にスパイスがわりに入れると面白い、けれど飽きが早そうです。

薄目に溶くと透明水彩のような使い方ができるので塗り重ね表現ができます。とはいっても塗って1分もたつと下の色は溶けなくなります、勝負が早いので描く前の手順設計が重要です。濃く溶いてというより水を極度に少なくするアクリルらしい使い方をするならその必要はありませんがまた別の表現設計をする必要があります。

 

 用紙はWワトソン75×23cmです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

たなばた   仙台市青葉通り

この夏も伝統の仙台たなばたが86,7,8日行われます。


たなばた 文部省唱歌

 

“ささのは さらさら のきばにゆれる

おほしさま きらきら きんぎんすなご“

3

 

 お世話になっている青葉画荘さんの青葉通り店にイメージを重ねました、今は地下鉄工事中で風景は異なりますが終わればまたこのような姿に戻ります。

 

 

 用紙は製品名を忘れた青色77×24cm、絵の具はターナーのアクリルガッシュジャパネスクです。アクリルはこれが2枚目です。お世話になっているお礼のつもりでお店にさしあげました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

 既掲載の新緑バージョンです。初のアクリルでした。

9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

蔵王連峰残雪   宮城県川崎町

 季節がどんどん動いて行きこの絵を描きはじめてからからひと月過ぎてしまいました。あまり季節遅れにならないうちにUPします。

1


 残雪が残る蔵王連峰を見る私の定点スケッチポイントに画板を持ち込み山ひだの重なりをおさえてから机上の作業をしました。梅雨時ゆえ思うように稜線が見えないので3回通いました。

 

しかし何度描いても仕上がりを見るとあれ?、ここの稜線はすこし傾斜が、この谷間は位置が違うなあの繰り返しです。いつになったら正確に山容をうつしとることができて「うん これでいい」といえるのか分かりません。そのぶん楽しみが続いてくれます。

 

 ・

 

用紙はWワトソン75×23cm。絵具はターナーです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »