« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月14日 (金)

船形山初秋  宮城県大和町沢渡

 連日の真夏日続きです、抜けるような青空のもと針が刺さるような強烈な日差しが照りつけます。
 もうこうなると開き直って暑さを楽しもうぜ、ビールもうまいしどうせすぐストーブがいるようになるんだ、といいつつ個展の販促用の小品を現地ロケハンしアトリエで仕上げました。

5


 私の絵の原点となった大和町沢渡からの船形山です。古街道をのぼって行くと突然視界が開けて船形山の一番美しいピーク部が見えます。その姿が逆さにした船に似ていることからついた名前です。
 この先には少し前まで江戸時代から続く古い山里集落が三つあり小学校の分校も二つありましたが自衛隊の実弾射撃場の騒音対策移転のためすべてなくなりました。ここが最奥の集落になります。

 用紙はセザンヌのB5、絵具はホルべインです。アクリルっぽい仕上がりになりましたが透明水彩です。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

この絵は売れました、ありがとうございました。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

いざさらば夏を惜しむ  仙台市青葉区芋沢

 今年の残暑は連続夏日の新記録を作りました(今日も)。でも野山の色は確実に秋へ変わっています。

1

 来月は紅葉だ芋煮会だなんて言ってるうちにあらら師走、今年も終わりだあということになって行きます、やれやれ、またひとつ年をとります。 

  用紙はアヴァロンF4、絵具はアクリル・ターナージャパネスクです。はじきが強すぎるくせものアヴァロンは透明水彩はやめにしてアクリル用にまわすことにしました、けっこうなお値段だったんですが。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

波止場の賑わいのひととき  宮城県名取市閖上(ゆりあげ)港

 大津波で歴史ある港町が消え去った悲劇は地元の私たちにとって昨日のような気がします。今まで港へ行こうという気すらおきませんでした。でも現実をきちんと見ておく必要もあるぞと気持ちを引き締めて閖上(ゆりあげ)港に行きました。

2

 3000人が暮らしていたまちが一軒残らず消え去り、割れた波止場のコンクリートや波打つ道路など港湾設備は震災の記憶を残しています。しかし波止場には新しい船が何艘も並び復旧工事も盛んに行われていました。仮説魚市場もでき「さあ-やるぞ」という気合を感じることができました

 壊れた波止場からざっこ釣りをしている人をたくさんみかけました、「ひまだし、カレイでも釣れればおかずになるし、こうやって釣りっこができるのがうれしいんだっちゃ」。

 週末はたくさんの釣り人が来るそうです、無人の港で一軒だけ店開きしていたのがプレハブつりえさ屋さんでした。なんだかほっとしました、涼しくなったら竿を持ってこようっと。

 

 ・

 

用紙はアルシュ50×35cm、絵具はシュミンケです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »