« 里はいっとき秋の色  青葉区青野木 | トップページ | 古道が交わるところに分校  宮城県加美町宮崎 寒風沢 »

2012年11月12日 (月)

田川の里の秋景色   宮城県加美町宮崎 寒風沢

 旧宮崎町(現加美町)の中央を流れる田川に沿って上って行きました。地名も寒風沢となり谷間らしくなるあたりに3軒の大きな農家が身を寄せ合うようにあり山なみと春まで休みの田んぼとあわせて明るい風景を作っていました。作業小屋がたくさんあってにぎやかですがよく見ると住居は3軒、濃密な人間関係が想像できます。

 峠のむこうはは山形県最上町で、藩政期に2本の間道があり行き来がありました。山中に番所跡も2か所あります。

 11

 
 

 用紙はアルシュ56×50cm、変わったサイズですが実は青葉画荘さんでカット残半端が出たのであげますといわれたものです。絵具はレンブラント、空だけ日本画用吉祥です。大面積の空がむらなく塗れるとそれだけであらかた完成した気分になります。

 この谷間の風景は奥へ進みながらあと2枚いきます。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

 

|

« 里はいっとき秋の色  青葉区青野木 | トップページ | 古道が交わるところに分校  宮城県加美町宮崎 寒風沢 »

コメント

日本の里山は素敵ですね。都会とは違う人と自然のぬくもりが感じられます。深い森に包まれた小さな集落。村人の作った雑木林と田畑。まさにここは人と自然がともに生きることを許された場所のようです。未来へとつづきますようにと手をあわせたくなるような風景です。機会があれば原画を拝見したいものです。ありがとうございます。

投稿: 悠々田舎人 | 2012年11月12日 (月) 21時39分

悠々田舎人さん、ありがとうございます。
 奥羽山系の東西の谷間には歴史あるとても美しい山里の風景があります。それを訪ねて絵にすることが楽しみです。
 ただよくある民家画のように草むした廃屋や廃村を描いて郷愁感を過剰にあおるようなのは嫌いです。そこで人がきちんと生活できていることが大切だと思います。
 ここはとても明るく元気な雰囲気が伝わってきました。
 次は杉林の向こうの集落です。

投稿: 杜しま | 2012年11月12日 (月) 22時25分

こんばんわ。
先日、紹介のあった2011.12の川崎町の風景のスケッチを、私のHPに掲載してもよろしいでしょうか。川崎町のスケッチとして紹介したいと考えております。検討方よろしくお願いします。

投稿: 悠々田舎人 | 2012年11月15日 (木) 23時27分

悠々田舎人さん、こんにちは。
 お申し越しの件は了解いたしました。現地そのままではありませんがよろしければどうぞお使いください。
 川崎町のスケッチはこれまで30~40枚くらいは掲載してきましたので右側に並んでいる各月の一覧をご覧いただければ探せます。
 そろそろ紅葉も終わり色の少ないさびしい季節になりますね。

投稿: 杜しま | 2012年11月16日 (金) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/47811683

この記事へのトラックバック一覧です: 田川の里の秋景色   宮城県加美町宮崎 寒風沢:

« 里はいっとき秋の色  青葉区青野木 | トップページ | 古道が交わるところに分校  宮城県加美町宮崎 寒風沢 »