« 仙台市青葉通りの秋 | トップページ | 秋はそろそろおしまい、さあ冬だ  泉区根白石 »

2012年11月28日 (水)

交流電化発祥の駅 仙台市青葉区作並

 JR仙山線の保線基地としての機能も併せ持つ作並駅です。2008年に新しくなり、作並温泉へ向かうお客が降ります。旧関山街道の作並宿でもありました、宿場の集落は500mほど離れたところにあり昔のたたずまいを残しています。

15_2

 ここは現在の日本の鉄道ではあたりまえになっている交流電化の実験基地として使われその技術は全国へ広がりここも1968年に交流電化に切り替わりました、構内には記念碑があります。それまでは発電所からくる交流電源を直流に変える巨大な変換装置が必要だったわけです。これは真空管ラジオを作ったことのある人ならすぐわかる大変なエネルギーロスでした。

正面の特徴ある姿の山は地区のシンボルの鎌倉山でゴリラの横顔に見立ててゴリラ山の愛称もあります。

山のふもとにはニッカウイスキーの宮城峡蒸留所があり、工場内の売店ではここだけでしか買えない各種のシングルモルトが売られています。500cc入りで6500円から2万円まででちょっとお高いですがいいものです。この時はシェリー樽熟成の12年ものをもとめました、度数は55度、ちびちびとなめています。

山も駅も看板も見せたいと角度を変えて描きこんだら道が倍くらいの幅になってしまいました

用紙はアルシュ55×25cm、絵具はレンブラントです

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

 この絵は熟れました、ありがとうございました。

|

« 仙台市青葉通りの秋 | トップページ | 秋はそろそろおしまい、さあ冬だ  泉区根白石 »

コメント

ローカルな駅風景が印象的ですね。すこしさびれた中にも駅舎が生活の中に溶け込んでいる雰囲気が素敵ですね。

投稿: 悠々田舎人 | 2012年12月 3日 (月) 12時45分

悠々田舎人さん、こんにちは。
 以前はこの駅付近にもけっこう家や店がありましたが最近はすつかりさびしくなってしまいました。伝統こけしの様式のひとつを持つ作並ですが工房も戸を閉じてしまいました。
 とはいっても仙山線の保線基地として重要なところです。

投稿: 杜しま | 2012年12月 3日 (月) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/48003692

この記事へのトラックバック一覧です: 交流電化発祥の駅 仙台市青葉区作並:

« 仙台市青葉通りの秋 | トップページ | 秋はそろそろおしまい、さあ冬だ  泉区根白石 »