« 古道が交わるところに分校  宮城県加美町宮崎 寒風沢 | トップページ | 仙台市青葉通りの秋 »

2012年11月20日 (火)

さあ峠越え、番所だ   宮城県加美町宮崎 寒風沢

 前記事の分校のところからさらに奥へ1kmほどすれ違い不可の細い道を行くと寒風沢番所跡(1631年設置)があります。右の小高いところにある家のところです。この先には人家はなく林道と若干の田畑があるだけです、寒風沢古道もそれをたどることは無理です。 

13

 往時はここから吹越峠、翁峠を経て山形県尾花沢へ通じていました。尾花沢は関西との紅花交易による豪商がたくさんいたところですから仙台藩にはない珍しいものが運ばれたことでしょう。

 藩政期には番所周辺に足軽が5軒、前記事の分校周辺と合わせて13人が分散配置され農耕をしながら番所勤務と街道の密貿易監視をしていたそうです。今地区に残る家もそのくらいの数です。

 藩命とはいえ町場から遠く離れた寒い山中に配置された足軽たちはさびしかったでしょう。でも主家の目の届かないところで交易人から最新情報を聞いたりなにかを上納させたりして案外お気楽な生活をしていたのかもしれません。

 用紙はラングトン55×36cm、絵具はレンブラントです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

|

« 古道が交わるところに分校  宮城県加美町宮崎 寒風沢 | トップページ | 仙台市青葉通りの秋 »

コメント

こんばんわ~
急に寒くなって来ましたが雪情報は、まだでしょうか。
大阪も寒くなり暖房がいる様になりました。
東北の紅葉は綺麗と聞いていますが、実際にはその季節に行った事がありません。
ひっそりとした美しい紅葉ですね。
静寂を感じます。

投稿: 白いダリア | 2012年11月20日 (火) 20時54分

白いダリアさん、こんにちは。
 ここでの生活はたいへんだろうなあと思いながら描きました。奥の家はすでに無住でしたが農機具置き場として利用されていました。
 昨日今日で奥羽山系を越える峠道は積雪で来春まで閉鎖です。いよいよ冬の到来です。
 こちらでは赤色が少なく黄色や橙色が主です、都市住民からは美しいと見えますが里ではやれやれまた冬かあというさびしさのほうが先です。

投稿: 杜しま | 2012年11月20日 (火) 21時25分

これも、なかなかいい構図ですね。杜しまさんのポリシーがあり、こうなってほしい願望が入っている絵ですね。私は以前にも申しましたがもう少し、現実としてくすんだ色あいが、この風景にはあうような気がします。余計なコメントですみません。いつも楽しく拝見しております。いつか、私の川崎の家で川崎町特集の個展でも開催できたならと考えております。

投稿: 悠々田舎人 | 2012年11月23日 (金) 00時03分

悠々田舎人さん、こんにちは。
 ご感想ありがとうございます。
 もう少し渋めがお好みとのことですが、UPした画像は見る方がどのようなPCモニターを使用しているかによって見え方が相当変わります。そのあたりを考えて少し明るめに調整しています。
 まあ絵に限らず表現という行為には作る人観賞する人それぞれに好みがありそれが価値観を形成していくことになりますね。
 川崎のお宅での展示会が開催可能であれば協力いたします。作品全部は無理でしょうから何枚かを選択してのことになるでしょう。

投稿: 杜しま | 2012年11月23日 (金) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/47911133

この記事へのトラックバック一覧です: さあ峠越え、番所だ   宮城県加美町宮崎 寒風沢:

« 古道が交わるところに分校  宮城県加美町宮崎 寒風沢 | トップページ | 仙台市青葉通りの秋 »