« 荒野の灯台ありがたし  南三陸町志津川清水浜 | トップページ | 夕日の船形山  宮城県大衡村  »

2012年12月24日 (月)

荒野に祈る  石巻市門脇町

壊滅した石巻市門脇町を歩いていて、寺院の敷地の入り口に多数の板碑や石像に埋もれるように石の仏様が端坐されていました。汚れも除かれ赤い前掛けや水や花も供えられ地元の方が守っておられる様子です、思わず合掌しました。


9

 

千年一度の大海嘯、町みな浪下とす

翁媼幼子ことごとく不帰、彼等なんの咎ありや

仏よなんぞここにある、然れども過ぎし時は還らず

今は過日を超える殷賑をもたらせたまえと祈るのみ

 

 震災関連の絵を1年9か月描きついで来ましたがこの絵で第1段階おしまいにします。来春3月に展示会をすることを決めて数えたら34枚ありました。 沿岸部現地はがれきはなくなりましたが復興再生にはまだ道遠しです。第2段階は復興が目に見えるようになったら始めます。必ず。

始めようと思います、描きたいと思います、あるいは描いてみましたなどと妙な逃げを打つ人がいますがそういうのは嫌いです。

用紙はアバロンF4、絵具はレンブラントです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

 

|

« 荒野の灯台ありがたし  南三陸町志津川清水浜 | トップページ | 夕日の船形山  宮城県大衡村  »

コメント

たくさん描きとめられましたね、
新聞テレビで拝見するのと違って現場には
なんとも言い表し難い想いが残っていますから
時が立つ程これらの絵は存在を増すような気がします。

復興、
復興は生活でもありますからね、
いい意味での追い風になるといいです。

春展示会があるんですね、楽しみにしています。

投稿: エミ | 2012年12月24日 (月) 22時30分

エミさん、こんにちは。
 ありがとうございます。
 そうですね、そこに立った日時は絵の中に記入しています。どんどん変化していく現地の一瞬の姿を記録していくのがなにかの役に立てばいいと思っています。
 春の展示会は震災関連30数枚、いつもの里風景20数枚で60枚くらいになります。個展なので好きなようにできますし準備も順調で楽しいです。

投稿: 杜しま | 2012年12月24日 (月) 23時07分

個展されるそうですね。
今までに描かれている作品なんですか?
地元の人ならではの、企画展に皆さんきっと
喜ばれますよ。
いろいろ準備をしながら、春を待つのも
楽しいでしょうね。

投稿: 白いダリア | 2012年12月25日 (火) 18時57分

白いダリアさん、こんにちは。
 個展っていちどするとくせになるみたいです。この4年間で5回目になります。
 今度は本格的なギャラリーでのべ40mの壁面を使います。震災の絵以外は沢山あるのでどれを選ぶかが楽しくもあり悩みどころです。
 震災の絵は売ることはしませんがほかの絵が何枚か売れれば経費が捻出できるので助かりますがそううまくいくかどうか・・・。

投稿: 杜しま | 2012年12月25日 (火) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/48445645

この記事へのトラックバック一覧です: 荒野に祈る  石巻市門脇町:

« 荒野の灯台ありがたし  南三陸町志津川清水浜 | トップページ | 夕日の船形山  宮城県大衡村  »