« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

白鳥の湖 夜明け 宮城県伊豆沼

 前記事の青の世界からから30分ほどたった夜明けです。空が朱色に染まり白鳥やマガンたちが騒ぎ始め、気の早い白鳥が飛び立ちました。

12

 マガンたちは朝の飛び立ちを前にさあ行こうかという感じです。ここ伊豆沼には数万のマガンが越冬にやってきます。彼らが早朝一斉に餌場の田んぼへ向かって飛び立つのは壮観です。

 用紙はウォターフォードF6、絵具はターナーとガッシュです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

白鳥の湖 夜明け前 もう一枚

 前記事の絵をサイズを一段上げて描きなおしです。3月の個展の最後の一枚にと思い力が入ります。でも描きあげて人の印象を聞くと前作のほうが評判がいいのです。残念、でもまあいい練習ができました。

14

 対岸の林を前作のアクリルでなくガッシュをニカワで溶いて使いました、こうすると重ね塗りをしても下の絵具が溶け出さないので日本画のような調子で描けます。岩絵具を使ってみたいところですが高価なので手が出せません。今の時期室温が15℃くらいなのですぐゼリー状になるので温めながら塗らないといけません。

 用紙はアルシュ51×36cm、絵具はシュミンケとホルベインガッシュです。

 にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

白鳥の湖 夜明け前  宮城県伊豆沼

 前記事の絵を縦位置に描きなおしました。横だと広がり感が縦だと奥行感がだせるようです。

11

 対岸の樹林の表現にはアクリル絵具を使用して日本画の岩絵具のような塗り重ねをしました。

用紙はWワトソンF6、絵具はシュミンケとターナーアクリルガッシュ和です。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

寒いなあ、夜明け前青の時間   宮城県伊豆沼

 国内最大のマガンの飛来越冬地の伊豆沼の夜明け前です。日がまだ昇らない時間は青の時間です。あと15分もすると太陽の赤い色に染まっていきます。

9

 氷の上で眠っていた白鳥や水上のマガンたちもそろそろ朝だなあと起きて騒ぎ出していました。

用紙はアヴァロンF4、絵具はホルベインです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

寒いです  山形市高瀬

 大雪と寒さが同時にやってきました。物置の灯油がどんどん減ります。
 昨年も寒かったし炭酸ガスと地球温暖化の直結の因果関係もなさそうで、あれは原発推進のための理屈だったらしいです。このごろは話題にならなくなりました。

10 あまりに寒いので前にUPした絵の一部手直しして再掲です。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

冬至の里 宮城県村田町姥ヶ懐

 仙台市の南隣りの村田町の山あいに姥ヶ懐という名の小さな集落があります。四方を山に囲まれ、少し前までは1車線の道しかない隠れ里でした。歴史は長く平安時代の豪傑渡辺綱の鬼退治伝説のあるところです。 
 都の羅生門を根城に悪さをする鬼の片腕を切り落としその腕を持ってここまで追いかけてきた綱を老女に化けた鬼がだまして腕を取り戻し屋根の煙りだしから消え去ったという話が伝えられています。以来ここでは屋根に煙りだしを設けないという伝統がありました。

8

 集落で唯一残る茅葺き屋です、しっかり現役で使われ、いろりの煙りが屋根から立ちのぼっていました。煙りだしはありましたが煙りは屋根全体からあがっていました。
 絵の中の道が旧道です。

 寒波の襲来直前の冬至の穏やかな一日でした。

 用紙は独ハーネミューラーのバンブー紙36×48cm、絵具はレンブラントです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

雪女幻想

 今年の冬はとても寒いのでお正月にこんなイメージ画をアクリルで描きました。漫画家の小島功さんの美女画からイメージをお借りしています。

7

 北国にはたいてい雪女伝説があります。美しくて怖くかつ悲しいものが多いです。

6_4

用紙はNTケントラシャの鉄紺50×11cm、絵具はターナーアクリルガッシュです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

白鳥の湖厳冬の夜明け  宮城県伊豆沼

 3年前の絵の描きなおしです。

 宮城県の県北にある伊豆沼や長沼ほかの湖沼地帯には毎年万単位のマガンや白鳥がシベリアから渡って越冬します。以前厳冬期にその生態調査で夜明け前に現地へ行った際に見た幻想的な一瞬の風景です。

 1

  なんど描いてもこれでいいという気になりません、まだまだあの時に見た輝きが表現できません、課題が残ります。

  朝日の雲間からのスポットライトをうけて氷上の白鳥や湖面のマガンたちが、さあ行くか、という感じで動き出していました。

 

  現場で描かなければ空気感が出ない派の方々はマイナス10度の夜明けをどう描くのでしょう、手元は見えません。

 

  用紙はウオタ―フォードF6、絵具はレンブラントです。

 

 2 3年前の作品です、売れました。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

 松竹梅をまとった招き猫で新年あけましておめでとうございます。

 Img092

 今年も無事に一家5人、3世代で新年を迎えることができました。幸いなるかな。 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »