« 辛い風景の中のお地蔵さん   仙台市宮城野区蒲生 | トップページ | 名木サクラの里  仙台市太白区茂庭 »

2013年4月 4日 (木)

春の里  宮城県柴田町葉坂

  仙台を出て東京へ向かう新幹線の車窓からほんの2,3秒間見える谷間の風景に心をひかれていました。
1
 
地理に詳しい自分でもよくわからず地図で探して訪れました。ここからせまい山道を上って行くと隣
町の村田町にたどりつきました。

 新幹線の高架橋からの高い視点と異なり少し印象が違いましたが、期待通りの低い山を背にした数軒の家がつくる穏やかな風景がありました。

 用紙はヴィファールF8、絵具はホルベインです。春のふんわり感を出すのにいい組み合わせです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

|

« 辛い風景の中のお地蔵さん   仙台市宮城野区蒲生 | トップページ | 名木サクラの里  仙台市太白区茂庭 »

コメント

言われてみれば、なんとなくわかる場所です。いろんな角度から見ると隠れた面がわかります。やはり物事を多角的に見ないといけませんね! 本格的な春も近く、お花見の絵画の計画はいかに!

投稿: 悠々田舎人 | 2013年4月 7日 (日) 20時47分

悠々田舎人さん、こんにちは。
 谷の風景は、そこで長い間暮らしが続いてきた時間が濃縮されたような気がして好きです。
 お花見はお天気次第でどこへ行くかは決まります。

投稿: 杜しま | 2013年4月 7日 (日) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/51095780

この記事へのトラックバック一覧です: 春の里  宮城県柴田町葉坂:

« 辛い風景の中のお地蔵さん   仙台市宮城野区蒲生 | トップページ | 名木サクラの里  仙台市太白区茂庭 »