« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月29日 (水)

ゴリラ山の初夏 仙台市青葉区作並 鎌倉山

 今年の5月も過ぎようとしています。日に日に緑が濃くなって行きます。一番好きな5月の色をたくさん描きたいと思いながらなかなか筆が進みません。

 12_2
 

 仙台市の西部の作並地区のシンボルになっている鎌倉山(520)を東側から見ています。視点の背後はニッカウヰスキーの宮城峡蒸留所です。

 露出した岩がゴリラの横顔に似ているのでゴリラ山の愛称で親しまれています。    

 用紙はストラスモアF6、絵具はシュミンケです。杉の木の表現にガッシュで補強しました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックでの応援をお願いいたします。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

関山峠初夏 仙台市青葉区作並

 山形へ向かう峠越えの国道48号は各季節いろいろな彩りを見せてくれます。

9

 5月の新緑の中にミネザクラが最後のお花見をさせてくれました。

 用紙はキャンソンミタント紺色33×25cm、絵具はホルベインガッシュです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

人知れずの菜の花の丘 宮城県色麻町四竈

 先週16日の風景です。  

 11
 釣りに行く途中の道沿いに広い菜の花畑があり、しかも年ごとに広くなり、密度も上がってきています。
 
ここは西の山からの冬風が遮るものがなく吹き抜ける気象条件のきびしいところのせいで菜の花も遅く咲くのでしょう。背景の樹木も右からの強風を受けているせいで風衝木の姿になっています、とくに右の樹林は風上に向かって丈が低くなってきびしい冬風を想像させます。

用紙はワットマンF8、絵具はラウニーです。買いだめしていたワットマンも周辺部がわずかに変色しはじめそろそろ賞味期限が切れかけです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

野山は5月色  仙台市泉区堂所

 仙台市の北、隣町大和町の境界近くの山中に堂所(どうどころ)という名の小さいけれど千年近くの歴史がある集落がありよくロケハンに行きます。そこへ行く途中の峠から明るい5月の新緑と咲き残りのヤマザクラを見ることができました。

7

 用紙はオリオン、ブルーフォンセF6、絵具はホルベインガッシュを日本画のようにニカワで溶きながら使いました。
 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

83年磨きこんだ小学校 仙台市泉区根白石

 前記事の仙台市立根白石小学校の絵の右側のもと体育館の横を裏門(実質的には入口)のほうへ行き、別棟の教室や付属建物を見ています。
3

 右端の建物はつくりから見てトイレのようです。そこへ行くために二つ高床式渡り廊下がありますが、その下を半地下通路が立体交差しています、棟梁よく考えてます。
 中央の建物は生徒数の多かったころはここも教室だったのでしょうが今は理科室などの特別教室になっています。中をのぞいたら床が磨きこまれて輝いていました。
5_2

廊下もこの通りです。83年の磨きこみの歴史でしょう。
4

 女の子「高長さんでアイス食べて帰っべや」、「んだなそうすっぺし」

 
男の子「ねえちゃん、おれも行ぐ」

学校を出てすぐのところに村一番のなんでも屋の高長(たかちょう)さんがあって子供たちやお年寄りのたまり場になっています、そんなのもなつかしくていいです。

用紙はアルシュ51×36㎝、絵具はレンブラントです。壁の腰板や羽目板の色がうまく出せました。 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

築83年の木造小学校 仙台市泉区根白石

 前々記事の仙台市立根白石小学校を反対側から見ています、正門を入ったところからです。

2

 見えている校舎の背後にも別棟の教室や付属建物があり規模の大きな学校で生徒数は84人です。

仙台市内では唯一、たぶん県内でももうないであろう現役木造校舎です。校舎と子供たちの元気な姿を見ているととてもなつかしい穏やかな気持ちになります。”うさぎ追いしかの山 ・・・”の唄が聞こえてきそうです。

用紙はウオーターフォード57×38cm、絵具はレンブラントと樹木にガッシュを使用しています。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »