« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

おくのほそ道古道  宮城県大崎市岩出山

 昨年同じような構図で描いたところです。売れてしまったので季節が巡ってくるのを待ちもう一枚描きました。

10

 芭蕉はここを通り、遠景左の花渕山のふもとの仙台藩尿前(しとまえ)の関所で怪しまれて足止めをくい苦労をしながら夜の峠越えをしました。その際にくたびれ果てて泊めてもらった農家での有名な句があります。
 「蚤虱馬の尿する枕もと」
 実際は地元の有力者の家ですからまさか馬屋に泊められたわけではないでしょう、芭蕉一流の演出とされています。

 用紙はウオターフォードF6、絵具はラウニーです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

奇蹟の蔵の所有者の方とお会いしました 石巻市門脇町

 昨年石巻市門脇町で奇蹟的に姿を残した蔵の修復をUPしました。その所有者の方が分かり絵のプリントと画集を持参してご挨拶をすることができました。

8
 蔵は江戸時代には千石船を持ち海運で栄えた豪商の屋敷跡にあった建物です、このあたりは日和山のふもとにあたり押し流されたがれきや家のたまり場のようになっていました。

9
 御当主の本間さん(さすが風格ある穏やかな方です)と絵を見ながらお話しした際に、町内の有志が手作りで作られた記録集をいただきました。それを見てあらためて被害のすさまじさを思い出しました、あの悲惨な状況の中でそこにいなければ記録できなかった写真がたくさんあり涙がこぼれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

蔵王連峰から大東岳まで一望に  仙台市泉区実沢

 仙台市内から宮城県南部の山なみを一望できるポイントがあります。泉パークタウンの入り口付近の高台の農地からです。ちょうど28mmレンズ(フィルムカメラ)の画角に収まります。

3_2

 
  奥羽山系の南蔵王から中央、北蔵王、神室岳、大東岳へと連なる1800mから15000mの高さの山々が30数キロにわたって連なります。

 用紙はモンバルキャンソンのマリン48×23cm、絵具はホルベインです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらワンクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »