« おくのほそ道古道  宮城県大崎市岩出山 | トップページ | 緑重なる 宮城県大和町南川 »

2013年7月 2日 (火)

ひとかけらの残雪船形山 宮城県大和町沢渡

 船形山にほんのひとかけらの残雪を見ました。さあ夏へという緑たちの勢いが強く濃くなっています。

1
 私のスケッチの原点となった風景です。絵には入っていませんが右の2軒の家の前を山形へ向かう中世からの古道が通っています。しかし今はこの先に人は住んでいません、以前は藩政時代からの山守や林業の古い集落があり小学校の分校が二つもありました。

 濃い緑の野山の表現にガッシュを使いました。日本画用のニカワで溶いて描きました、乾きが遅いので時間はかかりますが塗り重ねても下の色が溶け出さないので鮮やかさが保てます。この鮮やかさの快感はくせになりそうです。

  用紙はWワトソンF6、絵具はホルベインガッシュ、空だけターナーです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

|

« おくのほそ道古道  宮城県大崎市岩出山 | トップページ | 緑重なる 宮城県大和町南川 »

コメント

この絵もいいね! 新緑の鮮やかさが素敵です。何か描写が上手になったような気がします(失礼)。これが杜しまさんの原点のような気がしました。先日の美術館でのバロック音楽CDを聞きながらコメントしておりますが、バロック音楽も農村にあうような気がしてきました。いつか農民音楽会でもと。。。。 それでは。。。

投稿: 悠々田舎人 | 2013年7月 2日 (火) 21時57分

悠々田舎人さん今日は2回もコメントありがとうございます。
 上手になったわけではなく、使用した絵具の違いが出ています。これは不透明絵具(塗り重ねた時下の絵具を見えなくする、油絵と似ています)を使っています、宮崎アニメの背景画の技術です。間違ったら上から塗りつぶせばいいのである意味気楽です。その点いつも使っている透明絵具は神経質で、修正がききません。
 バロック音楽はイージーリスニングにいいですね。モーツアルトやべートーベンだと引き込まれてしまいます。

投稿: 杜しま | 2013年7月 2日 (火) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/52274580

この記事へのトラックバック一覧です: ひとかけらの残雪船形山 宮城県大和町沢渡:

« おくのほそ道古道  宮城県大崎市岩出山 | トップページ | 緑重なる 宮城県大和町南川 »