« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月26日 (木)

名月や   泉区実沢

  今年の中秋の名月は見事な輝きを見せてくれました。イメージではブルームーンですが実際に見えるのは黄色い色が混じっています。特に都市部ではどうしてもそうなります。

9

 311の大震災の夜に見た冷たく輝く月とはずいぶん違いました。

NT色つき紙のB5、絵具はホルベインガッシュです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

さあ稲刈り  大和町吉田

 北となりの大和町の西部には魅力的な山村風景がたくさんあります、ずいぶん描いてきましたがまだまだあります。ロケハンに行くたびに新しいテーマがみつかります。

8

 ここは幹線道路を外れて山に向かっていた時に見た風景です。稲刈り直前の黄金色と杉林の山の色の対比がきれいでした。

 用紙はWワトソン、44×26cm、絵具は日本画用水性絵具吉祥です、しばらくぶりで使いました。田んぼの色がよく出ましたが今回ひとつ気が付いたことがあります。水彩絵具は紙との接着のためにアラビヤゴムが使われていますが吉祥はそれが少ないようです。塗り重ねを繰り返す際にはニカワを混ぜて溶いたほうがいいようです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

トトロの森を探して  青葉区畑前

 郊外に出るといつもトトロの森のようなのがないかなあとあちこち見回しています。でもトトロの住みかのようなクスやシイなど広葉樹の巨木がどんと立っているような風景はこちらではなかなか見られません。

4

 でもまあこんなところだと満月の下を大中小のトトロ一家がさりげなく歩いていても不思議ではないでしょう。右の道は50m手前で行き止まりですから走る車もなく夜は静かです。

用紙はタント青色紙を36×34cmに切りました、絵具はホルベイン・ガッシュです。お月様のまわりのぼかしは透明水彩の白を使って塗ってウオッシュの繰り返しでひと晩かかりました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

今秋もみのり豊かに  大衡村大瓜

 今年は水不足や猛暑など作物づくりには大変な年でしたが、宮城県では無事みのりの秋を迎えています。ここは仙台市から北へふたつとなりの大衡村、県内では唯一の村です。

5

 
 秋のテーマを探しにこれまで走ったことのない道をあちこちしている時に見つけました。なんとも広く豊かな風景です。よく見る荒れた耕作放棄地もありません。
 
 なぜかたんぼのあぜ道にモミの木が立っていてランドマークになっています。鎮守さまは貴船神社の名称で水神を祀り地域のまんなかに位置し、1445年の勧請、明治期に村社とされています。

 

用紙はアルシュ荒目51×31cm、絵具はシュミンケです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

ご神木見事に生きる  岩沼市長谷釜

 この3月に画集“震災の記憶”を出版して半年たち、第2集の復興編制作に向けて活動をしています。

2

 岩沼市の海岸部で数メートルの津波に襲われた長谷釜地区の鎮守さまの神明社のご神木の大イチョウがたくましく残り緑の葉を茂らせていました。高さは約20m、幹回りは5mもあります。樹齢は350年とされていますがもっとありそうです。一時樹勢が悪くなったそうですが現在は見事に回復しています。海沿いにイチョウというのも珍しいです。 

 地区には280人の方が暮らしていてうち37人が犠牲になりました、今は一軒もありません、社殿が無傷で残り不思議です、たぶん昔の人の過去の震災の記憶からの知恵で一番安全で高いところに祀っていたのが幸いしたのでしょう。また隣の家がしっかりしていて流れてくるがれきを防いだようです。それにしても傷一つないのには??です。

 イチョウの長△の自然樹型とは大きく異なる姿ですが、たぶん隣接して高密度に家が建ち狭い神社敷地ゆえに強剪定がくりかえされたせいでしょう。幹回りの太さから見て自然に近ければ葉張りは3倍、高さもプラス3割くらいにはなっていたことでしょう。

 手前は伊達政宗の命により掘削された貞山運河です、400年の時を経て津波にも耐えてしっかりと水をたたえています。

12 ここを襲った津波です。

用紙はハーネミューレ社バンブー紙、47×36cm、絵具はレンブラントです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらワンクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

 夏の終わりの里景色  青葉区上愛子

 となりのトトロの背景画みたいな風景を探しているうちにイメージに近いのを見つけました。広瀬川上流部の河岸段丘地帯です、ぐるっと見回しても家は3軒しか視界に入りません。そのうちの1軒で小さいしゃれた木造のお宅が素敵な風景を作っていました。
1

 宮崎監督が引退とのことです、残念な反面、朝起きて「今日は予定がないなあ、もう少し寝るか」なんてしばし人生を楽しまれればまたなにか出てくるんじゃないかとも思います。TV番組でスタジオの状況が写りましたが200人超の若いスタッフが作業をしているのを見て驚きました。人件費だけでも年数億はかかるわけでこれまたえらいことだなあ、それだけかけて数年に1本作っても合わないだろうなと余計なことを考えてしまいました。

 

 用紙はストラスモアF6、絵具はホルベイン・ガッシュです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »