« 秋、はせがけの稲  大和町難波 | トップページ | 不屈の鉄路 三陸鉄道  宮古市田老町 »

2013年11月 3日 (日)

復興のホテル開業  陸前高田市

 先月の三陸の被災地の取材の中で復興の姿が最も印象的だったのが、陸前高田市での本格的なホテルの新築開業でした。1025日に竣工式、111日に開業です。震災前は南三陸地域NO.1のホテルでしたが被災し解体されました、その後高台に新たに建設されました、名はキャピタル・ホテルです。

2

 周囲はまだまだ荒野のままですが奇跡の一本松とともに復興の象徴になるでしょう。オーナーの方の心意気に拍手です。

用紙はミューズ社の新製品ランプライト51×36cm、絵具はターナーです。この紙はまだ1枚描いただけですがいい紙です。そのままだとはじきが強いですが水張りをすることでちょうどいい表面になり青空がむらなくきれいに塗れ、樹林部の暗い表現で塗り重ねをしても絵具が表面を漂わず落ち着きがいいです。しかもコットン100%でありながら値段が高級輸入紙の1/3くらいですから助かります。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

|

« 秋、はせがけの稲  大和町難波 | トップページ | 不屈の鉄路 三陸鉄道  宮古市田老町 »

コメント

おはようございます。これまで感じていた、ほのぼのとした感じから、多少変化した、落ち着きのある、力強い印象を受けました。南三陸にも足をのばしたくなります。徐々に北上していくのを楽しみにしています。

投稿: 哲 | 2013年11月 4日 (月) 05時26分

哲さん、こんにちは。
 いつもありがとうございます。
 復興とはいいながら現実の風景そのものが重いのでこんな表現になりました。取材している私の前を、コンビニ袋を下げたおばあさんがホテルの近くの仮設住宅へ向かってとぼとぼ歩いて行きました。
 沿岸部を久慈まで北上しましたがまちの復興というキーワードに沿う風景にはあまり出会えませんでした。公共事業でどんどんやれる防波堤の建設は進んでいましたが。

投稿: 杜しま | 2013年11月 4日 (月) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/53807825

この記事へのトラックバック一覧です: 復興のホテル開業  陸前高田市:

« 秋、はせがけの稲  大和町難波 | トップページ | 不屈の鉄路 三陸鉄道  宮古市田老町 »