« 苦闘の道、押角(おしかど)峠  宮古市押角  | トップページ | タイマグラばあちゃんが見ていた山 早池峰山  旧川井村 タイマグラ »

2013年11月28日 (木)

遠野への道これぞ北岩手の秋  宮古市川井 繋

 押角峠を越えて国道340号を遠野へ小国川に沿ってのぼって行きます。道路が整備されているわりには車が少ないので路面もきれいで快適に走れます。
15_3

 宮古街道から分かれて間もなくトンネルを抜けると川沿いの小集落が目に入りました。キキッと急停車、前後車がいないので好き勝手をしていました。厳しい冬間もなくの山々の一瞬の唐錦の装いを見ることができました。

「美しき天然」という名歌があります、この一節が聞えるようでした。

 “春は桜のあや衣
 
秋は紅葉の唐錦
 
夏は涼しき月の絹
 
冬は真白き雪の布
 
見よや人々美しき
この天然の織物を

 
手際見事に織りたもう
 
神のたくみの尊しや”

 用紙はアルシュ細目51×36cm、絵具はシュミンケです。さすがに高額定番紙、ランプライトにくらべると描きやすさは、うーむ微妙ですが良い、このあたりのさじ加減は歴史なんでしょうね。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

|

« 苦闘の道、押角(おしかど)峠  宮古市押角  | トップページ | タイマグラばあちゃんが見ていた山 早池峰山  旧川井村 タイマグラ »

コメント

杜しまさんおはようございます。私もこの前見た風景です。以前の旧道は曲がりくねり、川井から小国まで30分以上かかったと思います。どぶろくの隠れ産地でした(遠野文化です)。一升瓶でいただいたことがあります。不慣れで、しこたま酔った事を覚えています。杜しまカラー全開ですね、この前小学校の職員室で、、杜しまさんのサイトを開いて見せました。皆さん「おー!」の感想でした。私の絵ばかり見せられているので、えらく新鮮だったようです。そんな山の中の学校です。全校生徒70名。

投稿: 哲 | 2013年11月29日 (金) 03時48分

哲さん、ありがとうございます。
 あれま、どぶろくの隠れ里でしたか、遠野の民宿で自家製とうたってメニューにありました。あれは不純物も多いので悪酔いしがちなので要注意です。
 学校で開いていただいたとのことありがとうございます。ひとりでも多くの方に見ていただくことは嬉しいことです。
 このあとタイマグラへ回りましたがこれまた大変な道でした。

投稿: 杜しま | 2013年11月29日 (金) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/54080246

この記事へのトラックバック一覧です: 遠野への道これぞ北岩手の秋  宮古市川井 繋:

« 苦闘の道、押角(おしかど)峠  宮古市押角  | トップページ | タイマグラばあちゃんが見ていた山 早池峰山  旧川井村 タイマグラ »