« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月28日 (火)

冬の旅、山寺へ 

 10

 仙台駅からJR仙山線で西へ、1時間、長い面白山トンネルを抜けると白と樹影のほぼモノクロームの世界です。この谷を15分ほどで立石寺通称山寺に着きます。この季節の山寺は人が少なく静寂と霊気に満ちていて好きです。

 用紙はワットマンF8、絵具はホルベインガッシュ、空は日本画用の胡粉をニカワで溶いて重ね塗りです。描き始めは透明水彩でしたが空の表現がうまくいかず紙がもったいないのでガッシュに切り替えです。

 11 他日訪れて描いたほぼ全景です(20112月記事から再掲)。用紙はワットマン53×38cm、絵具は日本画用水性絵具吉祥です。 

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

おくのほそ道 出羽街道中山越え  山形県最上町堺田

 毎年1枚か2枚松尾芭蕉の句や文からのイメージ画を描いています。今年はおくのほそ道から出羽街道封人の家です。

8

 おくのほそ道紀行の中核部分をなす平泉から酒田への旅の中間地点、仙台藩領から最上への峠越えの地です。藩境の仙台藩尿前関所で怪しまれて時間をくい許されてようよう中山峠を越えたが夜になり道沿いの民家に助けを求め、泊めてもらった封人(土地の庄屋で街道監視役も兼ねる)の家は文化財指定を受けてその姿をとどめています。

 ここでの句は“蚤虱馬の尿する枕元”で、馬の隣で寝かされたような表現ですが実際にはそんなことはなくきちんと応接されたようです。でなければ翌日の山刀伐(なたぎり)峠越えに護衛をつけてくれたりはしないでしょう。おくのほそ道のなかで散見される芭蕉得意の紀行文の盛り上げ手法です。

洋紙はNTラシャ紙の紺色をF4に切りました、絵具はホルベイン・ガッシュです。

9  一昨年描いた辞世、“旅に病んで夢は枯野を駆け廻る“のイメージ再掲です。 用紙はキャンソン・ミタントの灰色52×36cm、絵具はホルベイン・ガッシュです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

ウメとスズメ  仙台市泉区実沢

 季節先取りです。東京の梅鉢屋さんのギャラリーでの2月展示用にウメとふくらスズメを描きました。東京では2月にはウメが咲くとのことで合わせました。

7

背景の蔵王もふくめて実際にはあと2か月後の風景です。毎日寒いですがこんな絵を描いていると気持ちが暖かくなります。

用紙はミューズタッチⅡランドスケープ40×25cm、絵具はターナーですが白いところはホルベインガッシュで補強しています。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらこのバナーをワンクリックの応援をお願いいたします。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

大舞台開く 南部富士を従えて 小岩井の一本桜

  幕が開ききり小岩井農場の一本桜が南部富士岩手山を背景に登場です。“イヨッ、千両役者!!”と声をかけたい北の桜の3枚目です。

4_2

 
 この桜の花芽を食べてしまうウソという野鳥がいて年によっては咲いているはずの時期に花がないなんてこともあります、かと言って害鳥扱いして駆除するわけにもいかず農場でも苦労しているようです。

 お客からの苦情「花がないんだけれどどうなってるの?」 農場の人の答え「うそです・・」 お客さん「?△??×?・・」なんて冗談みたいなほんとの話を農場の知人に聞きました。

 横に開くのイメージを表現したくて横位置にしました。色は前作の鮮やかなターナー・アクリルガッシュの虹色から抑えた色調のターナー・アクリル・ジャパネスクを使いました。ハードエッジ表現のためにマスキングテープをばんばん使い前作と合わせてまる1巻き使いました。

 用紙は前作と同じNTラシャ鉄紺をF6相当サイズに切りました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらワンクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

千両役者登場 1本桜  岩手県雫石町

 前記事の小岩井農場の1本桜が歌舞伎の大舞台に登場し幕が開く状況をイメージしました。色の並びは虹のならびです。 

3

小細工ですが人影は切り絵をおいてあるだけなので取り外し自由です。上空の一点の光は貝の薄い膜を貼っています。

 洋紙はNTラシャの鉄紺、F8。絵具はターナー・アクリルガッシュです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらワンクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

小岩井農場の1本桜 岩手県雫石町

 以前のNHKの朝ドラで有名になった小岩井農場のエドヒガンです。農場の知人によると、農場開設のころに牛馬への日陰を作るために植えられたたくさんの樹木の唯1本の生き残りとのことでした。たしかに冬にはダイヤモンドダストが見られるほどのこの寒冷地でよくまあと驚きです。

2

 アクリル絵具を使用して鮮やかな色を出すことが楽しくなってきました、水で溶くのでいちおう水彩画のカテゴリーには入ります。

 用紙はNTラシャ紙の空色です、F6サイズに切りました。そのままだと明るすぎなので空には透明水彩の青を塗りました、紙の地色とマッチしてくれました。絵具はアクリル・ゴールデン(米)です。サクラの花は白とピンクとマゼンダを混ぜながらのテンテン2000個強です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

八重の桜 虹のかなたに

 八重の桜のTV総集編も終わり記憶のかなたへ行ってしまいます。

 ラストシーンでの桜の姿をどう描こうか考えた末青色の用紙にアクリルを使って描きました。

1

 21×44cm、絵具はターナー・アクリルガッシュがメインです。サクラと星はひとつづつ点を打つので時間がかかりました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます

 Tt

 今年の新年はおだやかにあけました。旧年中はたくさんのアクセスをいただきありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 Ttt 福島市の花見山へワープしました

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらクリックの応援をお願いいたします。

 
 

もういちどワープ T

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »