« 大舞台開く 南部富士を従えて 小岩井の一本桜 | トップページ | おくのほそ道 出羽街道中山越え  山形県最上町堺田 »

2014年1月22日 (水)

ウメとスズメ  仙台市泉区実沢

 季節先取りです。東京の梅鉢屋さんのギャラリーでの2月展示用にウメとふくらスズメを描きました。東京では2月にはウメが咲くとのことで合わせました。

7

背景の蔵王もふくめて実際にはあと2か月後の風景です。毎日寒いですがこんな絵を描いていると気持ちが暖かくなります。

用紙はミューズタッチⅡランドスケープ40×25cm、絵具はターナーですが白いところはホルベインガッシュで補強しています。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたらこのバナーをワンクリックの応援をお願いいたします。

 

|

« 大舞台開く 南部富士を従えて 小岩井の一本桜 | トップページ | おくのほそ道 出羽街道中山越え  山形県最上町堺田 »

コメント

 こんばんは。雪だったり、梅だったり大変ですね。柔らかい色調で、いいですね。家の車庫はすずめの遊び場です。鳥は描いたことがありません。
 実は今日火葬に行ってきました。岩泉の横屋建設の先代社長です。押角トンネルの「工定組」の後継になります。旧制中学で私の父の先輩になります。蹴球部の先輩でもあります。
 火葬の後、久慈まで足を伸ばしました。鵜鳥神社で写真を、絵になるかもしれません。「しもへいグリーンロード」などという農道が、龍泉洞の近くから野田まで続いています。起伏はありますが、いい道路です。岩泉からの直行便としては割りと便利です。20分~25分ぐらいでいけます。私の場合はですが。

投稿: 哲 | 2014年1月22日 (水) 21時09分

哲さん、こんにちは。
 こちらでの梅はあと2か月以上先ですが、東京あたりでは2月の季語は梅なので合わせました。
 いろいろと人のつながりの濃いところなのですね、最近の都市部では失われています。
 北岩手を新緑のころにまた走りたいですが気力が続くかどうか・・。

投稿: 杜しま | 2014年1月23日 (木) 11時21分

こんにちわ。春らしいほんのりと暖かくなる絵ですね。こうした構図がしま杜さんの本来の姿のような気がします。まさしく”春よこい”の心境です。細部の息づかいが聞こえてくるようです。

投稿: | 2014年1月24日 (金) 11時56分

 ご署名がありませんがコメントありがとうございます。
 春はまだ先ですが今日は春が来たような穏やかさです。
 私にとっての絵は趣味としていろいろな表現方法にトライすることも楽しみのひとつなのです。

投稿: 杜しま | 2014年1月24日 (金) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/54702717

この記事へのトラックバック一覧です: ウメとスズメ  仙台市泉区実沢:

« 大舞台開く 南部富士を従えて 小岩井の一本桜 | トップページ | おくのほそ道 出羽街道中山越え  山形県最上町堺田 »