« おくのほそ道 出羽街道中山越え  山形県最上町堺田 | トップページ | 冬の旅 谷の雪  山形県東根市上悪戸 »

2014年1月28日 (火)

冬の旅、山寺へ 

 10

 仙台駅からJR仙山線で西へ、1時間、長い面白山トンネルを抜けると白と樹影のほぼモノクロームの世界です。この谷を15分ほどで立石寺通称山寺に着きます。この季節の山寺は人が少なく静寂と霊気に満ちていて好きです。

 用紙はワットマンF8、絵具はホルベインガッシュ、空は日本画用の胡粉をニカワで溶いて重ね塗りです。描き始めは透明水彩でしたが空の表現がうまくいかず紙がもったいないのでガッシュに切り替えです。

 11 他日訪れて描いたほぼ全景です(20112月記事から再掲)。用紙はワットマン53×38cm、絵具は日本画用水性絵具吉祥です。 

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

|

« おくのほそ道 出羽街道中山越え  山形県最上町堺田 | トップページ | 冬の旅 谷の雪  山形県東根市上悪戸 »

コメント

こんばんは哲です。やはりきましたか雪景色。
画材のせいでしょうか、独特の空気を感じます大きさも感じます。F4でつなげている小生としては、反省です。ロケハンのキャリアもすごいと思っています。
2011の作品の白は紙の地色ですか。

投稿: 哲 | 2014年1月28日 (火) 21時17分

哲さん、ありがとうございます。
 相手が大きいとサイズも大きくなります。F10にしようと思ったのですが旧ワットマンの買い置きがそろそろ賞味期限切れになりそうなので使いました。胡粉やガッシュで塗り重ねたので紙の美点は出せません。
 派手な色のガッシュですが日本画用のニカワ液で溶くと乾いてから重ね塗りができます、少し混色して彩度を下げて使うとこんな具合になります。
 2011の作品の白い部分は紙の地色です、このころはまだ紙の酸化の知識がありませんでした。デリケートな旧ワットマンですので心配です。

投稿: 杜しま | 2014年1月28日 (火) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/54775075

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の旅、山寺へ :

« おくのほそ道 出羽街道中山越え  山形県最上町堺田 | トップページ | 冬の旅 谷の雪  山形県東根市上悪戸 »