« 原点の風景  宮城県大和町沢渡 | トップページ | 妖の滝桜 »

2014年3月25日 (火)

まちの名桜にワーグマン試用  仙台市宮城野区銀杏町

 サクラの季節にまちを歩くと意外なところにりっぱな桜の古木を発見することがあります。古いまちならではの楽しみです。

16

 仙台市の旧市街地の東端にあたる旧字苦竹、今では銀杏町とされているところにあるお屋敷にとてつもなく大きく見事なソメイヨシノの大木があります、樹齢は80100年くらいでしょうか。個人で世話をするだけでもえらいことです。花の咲いている時期には門を開けておられます。

 用紙は初めてのワーグマン、F6、絵具は吉祥+花をガッシュのニカワ溶きです。印象は、色の上りが薄いなという感じです、他の紙では濃いめに上がる日本画用の吉祥ですがそれでも薄味になるようです。もう少し試してみます。

 ワーグマンという紙を初めて使いました。四六判を買って好みの大きさに切り出します、まずF6とF4の二通りを作りました。まずはいつもの水張りをしてから鉛筆下書き、青空を塗りました、むらなくきれいに青空が塗れて満足し、その日の作業はおしまい。

13

14
 次の朝起きて見てびっくり、ややや・・・です、水張りしたにもかかわらず大きく波打っています。なんだなんだと調べたら、水張り後の乾燥時の収縮が強烈で水張りテープを引き裂いていました。同時に水張りしたF4のほうも同じ状態でした。以前ワトソンの大きいサイズで経験したことがありますがF4クラスでも起きるとはいやあびっくりです。
 だめもとでいったんはがして再度水張り、今度はテープの2重張りです、うまくいったので気を取り直して線描きしその後着彩しました。

15

 重さは350gで厚みがありウオッシュで刷毛で何回もこすりましたがびくともしない強靭さは頼りがいがあります。しかし水を吸った後の縮みかたの激しさから見て水張りしないで使う時にどうなるか分かりません。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

|

« 原点の風景  宮城県大和町沢渡 | トップページ | 妖の滝桜 »

コメント

 こんにちは、哲です。
 見事な桜ですね。道路にはみ出さないか心配します。先日ある方が話していました「写真はほしいという方があまりいないが絵画は欲しがる、それだけの魅力があります」と。
 下絵は、ペンですか、鉛筆ですか?塀とその他と濃さが違うような感じがするのですが。
 350グラム、厚そうですね、伸縮もすごそうです。私もワトソンの大きいサイズでテープが破けたことがあります。以来二重張りです。
 

投稿: 哲 | 2014年3月25日 (火) 14時21分

哲さん、ありがとうございます。
 この桜を見たのは2011年の大震災の38日後です。調査で駆け回っての帰路でした。この姿に癒された思い出があります。いつか描こうと思っていて3周年を機に実行しました。
 きちんと管理されていて道路へはみ出してはいますが誰にも迷惑がかかりません、地主さんの意気に感じています。今年咲いたらこの絵のプリントを持参しようと思っています。
 下書きは鉛筆、それからペンで仕上げます。濃さが違って見えるのは太さの違いです、最近はメインの線は0.2~0.3mm、細かいところは0.1mmです。塀のこまこまは0.1mm、で最後に消しゴムをかけると自然に濃淡ができます。以前は0.5mmの太いのでぐいぐい描いていましたがどうも線が自己主張しすぎなので最近は細くなりました。

投稿: 杜しま | 2014年3月25日 (火) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/55509035

この記事へのトラックバック一覧です: まちの名桜にワーグマン試用  仙台市宮城野区銀杏町:

« 原点の風景  宮城県大和町沢渡 | トップページ | 妖の滝桜 »