« 花の谷花見山三代の桃源郷  福島市花見山 | トップページ | 原点の風景  宮城県大和町沢渡 »

2014年3月11日 (火)

復活のイチゴ  宮城県亘理町浜吉田

 

6

宮城県南の亘理、山元の両町の沿岸部はイチゴのハウス栽培の出荷日本一でしたが津波で壊滅しました。しかし町が昨年30haのイチゴ団地を整備し140戸の農家の営農が再開されました。みなさん昨年12月のクリスマスケーキ用のイチゴ出荷時は大忙しでした。

大型のハウスがずらりと並び電照が輝く姿は希望の光を感じます。 

 震災から3年の時が流れました、発生から3週間公園関連現地調査で小回りのきくバイクで走り回ったのを思い出します。電話の復旧とほぼ同時に東京から「そっちの公園がどうなっているのか、どんなふうに使われているのか、被害はどうか調べてくれ、公園のことがよく分かっていて機動力があり写真が撮れてレポートが送信できるのはおまえさんしかいない、よろしく頼む」こう言われたら引き受けざるを得ません。その成果は公園関係の機関に送り現地の情報として直ちに発信されました。
 3週間の走行キロは350km、パンク修理セットや予備ガソリン、水食料を積んでですが余震や強風、寒さのなか命がけでした。いちばん怖かったのは信号が消えた6車線の産業道路や国道を走ること。
 でも中心部から沿岸部へ移動した時に見たことの衝撃は「あっちゃー、なんだこれは!!」 仕事だぞ記録だからと自分に言い聞かせて写真を撮りました。 

 用紙はミューズタント紙の濃紺36×16cm、絵具はターナーアクリル和です。

 10   なんなんだこれはと涙をこぼしながら描いた最初の絵です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

Photo

 

|

« 花の谷花見山三代の桃源郷  福島市花見山 | トップページ | 原点の風景  宮城県大和町沢渡 »

コメント

おはようございます。
個展準備に没頭しておられるのかと思いきや、さすがです。夜空も素敵ですが、手前の地面がとてもいい感じです。ハウスの色具合もいいですね。
雪の被害は無かったのでしょうか、先日きのこ会社の社長と出会い、ハウス被害の話をを聞いたばかりでした、以前豪雪による停電で、ヒーターが使えず、雪が融けなくて、被害にあったといっていました。
三年になりますね、いろいろと思い出されます。釜石市内で写真を撮り、鵜住居にいったら撮れなくなったこと、軽トラで釜石、宮古に通っていたとき茂市で、燃費重視の私をじい様のバイク2台が追い越していったり。
無念さも様々ありますが、前に進むしかありません。宮古の職場で被災したカミサンもやっとテレビを直視できるようになりました。

投稿: 哲 | 2014年3月11日 (火) 07時26分

哲さん、ありがとうございます。
 現地へは行っていませんが県内では一番暖かい地域で被害の報道もないのでたぶん大丈夫だったろうと想像しています。
 今日は外出は控え地元AM局の震災特番を聞いて過ごしています。
 3年前は、家の中でランタンやガソリンコンロでのアウトドア生活を何日か続けていたのを思い出します。釣りキャンプ趣味の用品が大活躍でした。

投稿: 杜しま | 2014年3月11日 (火) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/55321970

この記事へのトラックバック一覧です: 復活のイチゴ  宮城県亘理町浜吉田:

« 花の谷花見山三代の桃源郷  福島市花見山 | トップページ | 原点の風景  宮城県大和町沢渡 »