« 西行法師ゆかりの桜  山形市西蔵王地区 | トップページ | バス停に桜咲く  仙台市青葉区国見 »

2014年4月20日 (日)

海から来た濡れ仏さん海に帰る  石巻市南浜町

 震災の記憶画集第2集復興編への絵を少しづつ描いています。
 石巻市の海から200mのところで生き残ったクロマツの強さを描きました。昨年12月に現地へ行った際の風景です、構図が決まらなくて時間がかかりました。

6

海からわずか200mのところにあった、濡れ仏さんの境内のクロマツ群が元気です。仏さまは津波に縁があり1696年にこの地を襲った津波で被害にあった人々の鎮魂を願って藩主が京都の仏師に鋳造を依頼したが運搬途中に銚子沖で難破し沈んだ。しかし100年余の後にここの海から姿を現したと伝えられています。以来海難や厄除けの仏様として地元の信仰を集めていました。表面が塗れたように光ることから「濡れ仏さん」、こちらの方言で「濡れぶっつあん」と呼ばれて親しまれてきました。
 大震災の津波で波にさらわれ海に戻ってしまいました。その台座とクロマツだけが残っています。クロマツたちの耐久力に脱帽です。

用紙はハーネミューレバンブー48×36cm、絵具はレンブラント、空は吉祥です。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

|

« 西行法師ゆかりの桜  山形市西蔵王地区 | トップページ | バス停に桜咲く  仙台市青葉区国見 »

コメント

こんばんは哲です。おっしゃるとおり難しい構図だと思います。空のグラデーションと道路のバランスで苦労されたのでは、丁度良い色味でいいなと思いました。
広いスペースは難しいです。最初の段階で埋めてしまう傾向にあります。

投稿: 哲 | 2014年4月20日 (日) 18時51分

哲さん、こんにちは。
 きちんと描かなければならない対象ですのでまとまるまでいろいろ考えていました。
 現地へ行ったのは冬なので空はもう少し白っぽい色でしたが塗り重ねているうちに青が強くなってしまいました。

投稿: 杜しま | 2014年4月20日 (日) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/55856546

この記事へのトラックバック一覧です: 海から来た濡れ仏さん海に帰る  石巻市南浜町:

« 西行法師ゆかりの桜  山形市西蔵王地区 | トップページ | バス停に桜咲く  仙台市青葉区国見 »