« 花の下にて春死なむ 花舞う野の墓標  宮城県大郷町 | トップページ | 雄勝石を素材として渓流のヤマブキ »

2014年5月 7日 (水)

七つ森夜桜  宮城県大和町たがら森

3

  仙台市街地から北方向によく見える七ツ森のうちいちばん小さなたがら森の麓に湧水のある小さな公園があり八重桜が植えられて、いまごろが見頃です。鎌倉時代の伝説の表示もありなかなか奥の深そうな里です。

  用紙はキャンソン・ミタントのブルーグレーをF4に切りました、絵具はホルベイン・ガッシュです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

|

« 花の下にて春死なむ 花舞う野の墓標  宮城県大郷町 | トップページ | 雄勝石を素材として渓流のヤマブキ »

コメント

杜しまさんこんにちは。
 幻想的な風景ですね、桜の下で森の動物たちが宴会をしていそうな雰囲気です。多少非現実的気味の色合いがそう思わせるのでしょうか、あっても良いなと思ったりもします。伝説が色に出たのでしょうか、花巻市に滝田さんという方がおられ、宮沢賢治の世界を描いています。思い出しました。

投稿: 哲 | 2014年5月 7日 (水) 14時52分

哲さん、こんにちは。
 現実の風景を材料にイメージを作り描くというのは楽しいです。銀河鉄道や999を浮かせても楽しそうです。
 今日、この現地へ行きました、散りかけの八重桜と山の若葉の斜面はこんな色合いでした。少し角度を変えて昼のバージョンを考えています。

投稿: 杜しま | 2014年5月 7日 (水) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/56097967

この記事へのトラックバック一覧です: 七つ森夜桜  宮城県大和町たがら森:

« 花の下にて春死なむ 花舞う野の墓標  宮城県大郷町 | トップページ | 雄勝石を素材として渓流のヤマブキ »