« 築80年の離れ屋 森民酒造  宮城県岩出山町 | トップページ | 小城下町のにのかまえばしから  宮城県岩出山町 »

2014年5月28日 (水)

谷間の1軒家  宮城県岩出山町池月

 9_2

 前記事の酒屋さんの取材のついでにおくのほそ道の紀行で芭蕉が平泉から出羽に向かって歩いた上街道(かみかいどう)を取材しました。旧道は切れ切れですが保存状態のよい遺構があちこちに残っています。
 幹線道路から脇道に入りゆるやかな里山と農地が作る美しい風景が続く谷を詰めて行くと最奥の1軒家にたどりつきました。なにか用事でもない限り来る人もないところですからまるで似合わないわがトマト号は「なんだなんだ?」という感じで家の人に見つめられてしまいました。

 用紙はミューズ、タッチⅡランドスケープ40×25cm、絵具はホルベインです。この組み合わせは相性がいいようです。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

|

« 築80年の離れ屋 森民酒造  宮城県岩出山町 | トップページ | 小城下町のにのかまえばしから  宮城県岩出山町 »

コメント

おはようございます、哲です。
 懐かしい風景です。山里の暮らしを感じます。自然ひとりじめですね、厳しい面も多くあるのでしょうが、うらやましくもあります。
 個展は100人ほどでしょうか、これから礼状の宛名書きをするところです。落ち着いたら、安家川にでもいってみたいと思っています。
 

投稿: 哲 | 2014年5月29日 (木) 04時20分

哲さん、こんにちは。
 街道から数キロ、代々耕せるところはとことん耕してきた歴史を感じました。
 お礼状書きもひと仕事ですが大切なことでもあります。
 若葉の安家も素敵でしょうね。

投稿: 杜しま | 2014年5月29日 (木) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/56338335

この記事へのトラックバック一覧です: 谷間の1軒家  宮城県岩出山町池月:

« 築80年の離れ屋 森民酒造  宮城県岩出山町 | トップページ | 小城下町のにのかまえばしから  宮城県岩出山町 »