« おくのほそ道 天王寺追分  宮城県岩出山町 | トップページ | おくのほそ道 出羽街道  宮城県岩出山町上野目 »

2014年6月21日 (土)

おくのほそ道天王寺追分 元禄2年5月14日 岩出山

 前記事の天王寺追分の昔を想像しました。今でも歴史がありそうな家が数軒寄りあって小集落を形成し脇街道とはいえ交通の拠点だったらしい風景を見せています。

5

 芭蕉主従はここから南へ2kmほど離れた岩出山城下の宿にこの日1泊しています。

 用紙はワーグマンA-4、絵具は新しく買った水彩色鉛筆ダーヴェントを試用しました、とてもキュートな引き出し箱に入っています、箱が欲しくて買ったようなものです。背景の木立が濃くならないので明るい感じになりました。
Dsc_5783

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

|

« おくのほそ道 天王寺追分  宮城県岩出山町 | トップページ | おくのほそ道 出羽街道  宮城県岩出山町上野目 »

コメント

こんにちは。
 一瞬、色味が違うなと思いました。やはりでしたか。ほのぼのして、柔らかくていい感じです。このような旅をしたいものだと思いつつ、山形・秋田の強行突破をはかろうと、ネットで案内検索をしています。
 鉛筆は紙との相性がまた違うのでしょうね、水張りはするのですか。
 しばらくは水彩色鉛筆が続きそうな印象を受けました。

投稿: 哲 | 2014年6月21日 (土) 11時07分

哲さん、ありがとうございます。
 水彩色鉛筆で全部描いたのは初めてです。ワーグマンの切りおとしを使いましたが目が粗くて合わないなあという感じです。これからカステルも使いながらいろいろな紙で試してみるつもりですが大きな紙での主画材にはならないでしょう。
 庄内も南秋田もそれぞれ異なるひろやかな風景を見せてくれます、せっかくですからゆっくり見てください。きっと岩手とは違うなにかが見られるとおもいます。

投稿: 杜しま | 2014年6月21日 (土) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/56565355

この記事へのトラックバック一覧です: おくのほそ道天王寺追分 元禄2年5月14日 岩出山:

« おくのほそ道 天王寺追分  宮城県岩出山町 | トップページ | おくのほそ道 出羽街道  宮城県岩出山町上野目 »