« おくのほそ道 封人の家出立の朝 山形県最上町堺田 | トップページ | おくのほそ道夏近し 山形県最上町松根 »

2014年7月24日 (木)

おくのほそ道笹森関 巨大な家 山形県最上町笹森

16

 前記事の堺田の次の集落笹森です。国道47号に沿って大きな家があります。近づくとその存在感に圧倒されます、隣家と比べるとその大きさは際立ちます。
 一度訪れて撮った写真から描きはじめましたが屋根が瓦だと思っていたのが寸法から見てそうでなさそうなのです、で再度確認に訪れました(往復150km)。
 屋根材は瓦屋根ふうのリブをつけたカラー鋼板でした、とてもうまくできています。これが本瓦だったらその自重と冬の積雪重量でもたないでしょう。
 旧出羽街道は右下からの細い道です。この家の前の現国道47号が玄関ぎりぎりをかすめていますが前記事の封人の家のように昔はもっと大きな玄関や庭があったはずです、国道改良の際に削られたのでしょう。
 堺田と同様ここにも番所がありました、と言ってもたぶん監視所くらいの機能だったのでしょう。この巨大屋は関守を務めた村の肝煎りの家のようです。 芭蕉主従は地元の案内人つきですからなんなく通過したようです。遠景の山なみの中に難所山刀伐峠があります。

 用紙はミューズタッチ・ランドスケープ57×28cm、絵具はターナーです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

|

« おくのほそ道 封人の家出立の朝 山形県最上町堺田 | トップページ | おくのほそ道夏近し 山形県最上町松根 »

コメント

おはようございます哲です。東京に行っていました。カメラも持っていったのですが、歩き回れたのは早朝の渋谷駅周辺、ホームレスの皆さん様子を垣間見ただけでした。
 過日の山形行でも最上町をかすった気がします。大きい家ですね、このサイズでないと入らない?さすがの選択です。ブログサイズで人物の様子が見えず残念です。
 

投稿: 哲 | 2014年7月25日 (金) 06時01分

哲さん、こんにちは。
 酷暑のなかおつかれさまでした。
 建物の細部と周囲を描こうとするとサイズが決まってきます。ただこの紙は適当な既成額がないので困ります。
 このあたりから山形市へかけての地域にはこのような大型家が点在しています、描くのは大変ですがそれぞれ魅力的です。

投稿: 杜しま | 2014年7月25日 (金) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/56882836

この記事へのトラックバック一覧です: おくのほそ道笹森関 巨大な家 山形県最上町笹森:

« おくのほそ道 封人の家出立の朝 山形県最上町堺田 | トップページ | おくのほそ道夏近し 山形県最上町松根 »