« 天上の花ハス | トップページ | ハスの銀河鉄道999 »

2014年9月 7日 (日)

たぶん仙台最後の茅葺き家  仙台市泉区福岡

3

夏が過ぎみのりの秋になりました、今月末には稲刈りです。ようやく秋らしい青空になりました。仙台のランドマークの泉ヶ岳山麓の細い道をあちことロケハンしています。その中でたぶん市内では最後の1軒だろうと思われる茅葺きの家をみつけました、実際には屋根の半分以上に防水シートがかけられていますが空き家ではなく現役です。
 近づいて写真を撮っていたら男の子が出てきて不審そうに見つめていました。不審者と思われたかあるいはひまを持て余していたのかな。

用紙はストラスモアインペリアルF6、絵具は半年ぶりの日本画用水性絵具吉祥です。色の強さと透明性を併せもつ独特の発色をします。
 30色セットの1と2がありますが一般的には1を買えばあらかた間に合うと思いますがそうはいきません、60色全部そろわないと意図した色は得られません。水性とありますが日本画用の表記通りニカワを混ぜて溶いたほうがいいようです。
Dsc_6611

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

|

« 天上の花ハス | トップページ | ハスの銀河鉄道999 »

コメント

哲です。おはようございます。
はじめて知った画材です。落ちついた色合いが良いですね。重ね塗りも可能なようで、それが生きているのか独特の雰囲気を感じます。60色からの選択を楽しんでいるのが分かります。
パレットで固めて使うのは可能なのでしょうか、混色具合などはどうなのでしょう、杜しまさんはダイレクトで使っていると思いますが。

投稿: 哲 | 2014年9月 8日 (月) 06時58分

哲さん、こんにちは。
 吉祥は秋のクリアな空気感を出したい時に使います。色名も全て和名で楽しいです、藤紫、洗朱、美藍など。
 これを手軽に使えるようにしたのが絵手紙用として売られています。
 私はパレットに出して固めたものを溶かしながら使うことはしないのでわかりません。それをするとパレットが洗えなくなり当然汚れてしまいますから。複数枚を連続して描くときは別ですが1枚描き終わると絵皿やパレットは全部洗って次に行くようにしています。
 混色はとくに問題なくできます。

投稿: 杜しま | 2014年9月 8日 (月) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/57304185

この記事へのトラックバック一覧です: たぶん仙台最後の茅葺き家  仙台市泉区福岡:

« 天上の花ハス | トップページ | ハスの銀河鉄道999 »