« 被災地に開いたファミリーマート    宮城県東松島市野蒜 | トップページ | みのりの秋 棚田の里 山形県尾花沢市母袋(もたい) »

2014年10月 5日 (日)

落日 船形山  宮城県大衡村大瓜

4

昨日、次女を嫁に出して今日はこんな気分です。 

大衡村の高台からです、広大なのに一軒の家も視界に入らない不思議なところです。見える範囲の大部分が自衛隊の演習場であることがその原因ですがいい風景があります。
 ここに立つといつも東山魁夷さんの「残照」をイメージしてしまいます。

用紙はF6ブロックの裏の厚紙です、白い薄紙が貼ってあるのでドーサをひいて描きました。絵具はW&Nです。乾いたら派手に反りかえりました。

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

|

« 被災地に開いたファミリーマート    宮城県東松島市野蒜 | トップページ | みのりの秋 棚田の里 山形県尾花沢市母袋(もたい) »

コメント

こんにちはー。ご無沙汰しておりました。

娘さん、ご結婚おめでとうございます。
さみしさもおありでしょう。

お元気でお過ごしください。

投稿: 石神ばるば | 2014年10月 5日 (日) 16時59分

石神ばるばさん、こんにちは。
 30年余一緒に暮らしていた娘が家からいなくなるのはなんとも喪失感が大きいです。でもいいところへおさまってくれてほっとする気持ちもあり複雑です。
 貴ブログはいつも拝見しています、なにかと刺激をいただいております。
 御激励ありがとうございました。

投稿: 杜しま | 2014年10月 5日 (日) 18時25分

杜しまさんおはようございます。
 そして、お嬢さんのご結婚おめでとうございます。私にも娘がいて東京に住んでいますが、全く気配がありません。どうなることやらです。
 盛岡の画材屋で、県人作家掘出市と銘打って個人コレクターの放出品の展示・販売をやっていました。購入する気は無かったのですが、面白そうなので見てきました。価格設定の基準が分からず、理解不能のまま帰って来ましたが、作品自体は面白かったです。
 空が展示品の中にあった井堂雅夫氏の版画色調に似ています。用紙による発色からでしょうか。
 

投稿: 哲 | 2014年10月 6日 (月) 06時04分

哲さん、ありがとうございます。
 1日ちがいで好天に恵まれ神社の花嫁行列が滞りなくできました。
 絵や陶芸作品などの値段は著名大家以外は基準はなく、なんで??なんて感じです。まあ単純に欲しい人がたくさんいれば高くなるのでしょう。私のような技術者が見積もりを出すなら、3日かかるからそのぶんの人件費+経費なんて単純なんですが。
 色調は偶然です、この紙は本来絵を描くものではないので描いてみるまでなにが出てくるのかわかりません。

投稿: 杜しま | 2014年10月 6日 (月) 11時29分

おはようございます。
娘さんの結婚おめでとうございます。父親としてうれしいような悲しいような複雑な気持ちではないでしょうか! 今度はお孫さんですね。
気持ちも新たに新たな絵画の挑戦を楽しみにしております。川崎に来た時でもお寄りください。

投稿: 悠々田舎人 | 2014年10月 7日 (火) 07時36分

悠々田舎人さん、こんにちは。
 まあ花嫁の父なんて花嫁姿が美しければ美しいほどどこの世界でもさびしいものです。長持ち歌の冒頭の世界です。
 その反面急にできのよい息子ができたような嬉しさもあります。
 そういえば今年は川崎方面にロケハンに行っていませんでした。そろそろ蔵王の冠雪記ですね。

投稿: 杜しま | 2014年10月 7日 (火) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/57583078

この記事へのトラックバック一覧です: 落日 船形山  宮城県大衡村大瓜:

« 被災地に開いたファミリーマート    宮城県東松島市野蒜 | トップページ | みのりの秋 棚田の里 山形県尾花沢市母袋(もたい) »