« 紅葉の山の描き直し  仙台市青葉区栗生 | トップページ | 遠野のバス停  岩手県遠野市 »

2014年10月30日 (木)

高原のまきば中秋  山形県尾花沢市 宝栄牧場

8

広さに呆然、どう描くか・?・?・です。

山形県と宮城県の境目の鍋越峠を越える旧街道から分かれて細い山道をぐいぐい上ると突然視界が開け、広大な牧場の風景が広がります。初夏から秋まで牛の放牧がされ冬は下りて過ごします。
 描き始めましたがあまりに広く美しき単調さに圧倒されました、まだまだ修行が必要です。遠景の霞んだ山なみ、空の青と雲、手前には黄緑色の牧草地が広がり、、点在する日陰木、少しの牛しかないのです。

アルシュ細目57×39cm、中判を二つ割り、面積的に10号サイズです。絵具はシュミンケです。

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

↑ ブログランキング参加中です。気に入って頂けましたら上のバナーをワンクリックお願いします。順位が上がります。

 

|

« 紅葉の山の描き直し  仙台市青葉区栗生 | トップページ | 遠野のバス停  岩手県遠野市 »

コメント

こんばんは哲です。
広いですね、だだっ広いという感じ。山の中にある平地が信じられません。なにせ急斜面の山地酪農で有名な地域ですから。
シュミンケの色ですね、落ち着いた感じがいいですね。これだけの広さをよくもまあ、取り組みに敬意です。
紅葉でW&Nを使いだし、シュミンケとのバランスが狂い始め、気を引き締めなければと思っているところです。

投稿: 哲 | 2014年10月30日 (木) 18時21分

哲さん、こんにちは。
 さっそくのコメントありがとうございます。
 ここは今年発見した風景です。ゆるやかな斜面に作られた広大な草地に驚きました。7月に見てどう描くか2か月考え9月に再訪してこうなりました。
 ここからせまい山道を下って行くと、ドラマおしんで有名な銀山温泉の谷に行きつきます。
 シュミンケは落ち着いていながら出すべきところはきちっと出してくれます、高価なところを除けばいいものです。

投稿: 杜しま | 2014年10月30日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143861/57837950

この記事へのトラックバック一覧です: 高原のまきば中秋  山形県尾花沢市 宝栄牧場:

« 紅葉の山の描き直し  仙台市青葉区栗生 | トップページ | 遠野のバス停  岩手県遠野市 »